« 『因幡の白ハムペン?』(^^; | トップページ | 『なんか、匂う!』(^^;  »

2017年6月24日 (土)

『お宝ぁ~?』(^^; 

(出雲市・米子市 訪問:その35)


(※注:平成29年5月4日(木・祝)の記憶です。)


おはようございます!(^o^)/


【お宝ぁ~?】(^^;


(ペン)「ぎょぇ~!
     ぐるじぃ!
     潰されるぅ~!」

(ハム)「ひょえ~!
     一体、何だ!
     あの、大行列の、超~、激混み!」

(ペン)「完璧に、潰されたかと思った!
     俺の身体、何とか、原形を留めてる?」

(ハム)「あぁ。
     俺も、何とか、大丈夫そうだ。

     だけど、しかし!
     あの大行列は、一体全体、何だったんだぁ。

     『素鵞社(そがのやしろ)と、
     『兎の像』に向けて、ずっと、
     列が繋がってるんだもん!

     それにさ。
     一応、きちんと並んではいるけど、四列で、
     人と人の間隔が詰まっているから、あれじゃぁ、
     すり抜けも、通り抜けも、できやしないよぉ。」

(ペン)「きちんと、並んでいる姿は、日本人らしいと
     言えば、そうだけど、あんなに、ぎゅうぎゅう
     詰めで、みんな、熱くないのかなぁ。」

(ハム)「そうだよね。
     あれじゃぁ、熱中症になっても、
     おかしくは無いよ。

     だけどさぁ。
     ガイドさんが、列の間を開けて、
     通り抜けさせてくれって、お願いしても、
     列は、ピクリとも動かなかったよね。」

(ペン)「やっぱり、一度並んだからさ。
     列を、乱したくなかったんじゃないの?」

(ハム)「結局さぁ。
     最後は、石畳じゃなくて、
     砂利の所を通ったでしょ。
     おデブ隊長も、立つしかなかったし。
     ガイドさん、大変だったと思うよ。」

(ペン)「そうだよね。
     でも、『素鵞社』と、『兎の像』の人気は、
     超~、凄いよね。
     何か、一大ベントに来ているみたいだよ。」

(ハム)「ほんとだよね。
     パワースポット、恐るべし!
     だね!」 Img_5498
(ペン)「おやぁ。
     ここもまた、何か、雰囲気が違うよ。
     えっとぉ、しょうこ?」

(ハム)「『彰古館(しょうこかん)』だって。」

(ペン)「え゛え゛~!
     しょこたん!
     俺、結構、好き!
     可愛いし、歌も上手いし!」

(ハム)「あのなぁ!
     『中川翔子』じゃないの!

     ガイドさんが、

     『大正3年に、建てられた、出雲大社の宝物館』

     だって、言ってるでしょ。」

(ペン)「そっかぁ。
     そうだよなぁ。

     出雲大社に、『しょこたん』が、
     いる訳ないもんな。
     ちょっと、残念。

     でもぉ、『お宝』があるの?
     『お宝』も、大好き!」

(ハム)「んもう!
     何を、言ってんだよぉ!

     それでね。
     館内には、
     『出雲大社の1/30分のサイズの模型』・
     『大小の大黒様』・『えびす様の木造彫刻』・
     『神楽用の楽器類』・『古文書類』などが、
     展示されているんだって。

     だけど、見ての通り、入り口が、階段でしょ。
     館内には、車椅子は入れないし、2階へは、
     階段しか無いし、見学は、控えた方が良いかも、
     って、ガイドさんが、言ってる。

     でも、できれば、
     『出雲大社の1/30分のサイズの模型』は、
     観て欲しいって。

     そうすれば、『出雲大社』の、全体像が判って、
     良いんだって。」

(ペン)「それで、おデブ隊長は、何て言ってるの。」

(ハム)「残念だけど、見学は、諦めるってさ。

     それでね。
     ガイドさんが、『彰古館』の、建物全体を、
     観て欲しいって、言ってる。

     特徴的なのは、銅板葺き屋根の先の、
     『軒反り(のきぞり)』なんだって。

     どちらかと言えば、佛教的な要素が含まれて
     いるんだけど、よく観てみると、均整のとれた、
     綺麗な外観になっているでしょ、だって。」 Img_5497
(ペン)「ふぅ~ん。
     確かにねぇ。
     大正3年って言ったら、何年前?」

(ハム)「えっとぉ。

     『ベーデン・パウェル』が、来日したのが、
     大正元年(1,912年)だからぁ。

     103年前!」

(ペン)「んぎゃ!
     なんちゅう、計算をしてんだよぉ。
     でも、100年以上前の建物だろ。
     それにしては、綺麗じゃないの?」

(ハム)「あぁ、そうだね。

     ガイドさんが、

     『石積み       (『亀甲積基壇(きっこうづみきだん))       の上に建てられた建物』

     って、言っているけど、それも、建物の、
     保存状態に、関係あるのかも知れないね。」

(ペン)「さっきの『文庫』と言い、ここの
     『しょこたん』と言い、昔の人々は、色々と、
     工夫をしたんだね。」

(ハム)「まぁ、『しょこたん』でも良いけどさぁ。

     ところで、ガイドさんが、『宝物館』は、
     もう一つあるって言ってるよ。

     なんでも、もう一つの方は、
     『銅の鳥居』の東側にあるんだって。

     『神祜殿(しんこでん)』って、言うんだって。

     1階が、応接室、事務所、一般参拝者の
     休憩所などに、使われていて、2階が、
     『宝物殿』になってるんだって。

(ペン)「へぇ~。
     何だか、『お新香』みたいな、名前だねぇ。」

(ハム)「おいおい!
     いい加減にしといたら。

     『しょこたん』とか、『お新香』とか
     言っていたら、本当に、そう、
     間違って覚えちゃうぜ。」

(ペン)「へっへっ~!
     そうなったら、そうなったで、ハムに聞くもん。
     頼りにしているぜ!
     ハム!」

(ハム)「いいや!
     俺は、知らんからな!」

(ペン)「いいじゃん。
     けち臭いこと言わないでさ。
     俺達、活動チームで、バディじゃん。」

(ハム)「全くもう!
     調子ばっかり良くって、どうしようもないよなぁ。
     でも、俺達、二匹しかいないし、
     まぁ、仕方ないかぁ。」



(つづく・・・。)(^^;



皆様、今日も、好い一日をお過ごしくださいませ!(^-^)/

|

« 『因幡の白ハムペン?』(^^; | トップページ | 『なんか、匂う!』(^^;  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273244/70951314

この記事へのトラックバック一覧です: 『お宝ぁ~?』(^^; :

« 『因幡の白ハムペン?』(^^; | トップページ | 『なんか、匂う!』(^^;  »