カテゴリー「ニュース」の2件の記事

2010年11月24日 (水)

『拳を上げるな!』 (今現在)

自衛隊生徒の時、区隊長に言われた言葉がある。

『拳を上げるな! 拳を上げるから、振り下ろしたくなるんだ!』

他にも、似た様な言葉を、沢山、聞いてきた。

『箸を握るな! 握ると突き刺したくなる。』

『棒を持つな! 棒を持つと振り回したくなる。』

『石を持つな! 石を持つと投げたくなる。』

『バットを持てば、振りたくなる。』

『竹刀を持てば、叩いてみたくなる。』

『ボールがあれば、蹴りたくなる。』

『サンドバッグがあれば、蹴ったり、殴ってみたくなる。』

『鉄棒があれば、ぶら下がり、跳馬があれば、跳んでみたくなる。』

そして、

『ライターを持てば、火を点けたくなる。』

『煙草を手にすれば、吸ってみたくなる。』

『杯を手にすれば、酒を呑んでみたくなる。』

更に、

『ナイフを持てば、刺してみたくなる。』

『銃を手にすれば、撃ってみたくなる。』

『原爆を作ってしまったら、落としてみたくなる。』

少年工科学校の1年生。

未だ、坊主頭の15歳であった。

そんな時に、7.62mm64式小銃を与えられた。

重さは、4.3kgだったと思った。

それを、区隊長に、ずしりと両腕の上に、抑え付けられる様にして、載せられた。

思わず、落としそうになった。

同期で、銃を落とした奴がいた。

区隊長は、容赦無く、蹴飛ばした。

『馬鹿もんが! 貴様なんかは、銃を持つ資格が無い!』

15歳の小僧には、荷が重過ぎる、小銃の授与式であった。

『これは、武器ではない! 平和を守るための道具だ!』

そう、第1教育隊長、高濱3佐は叫んだ!

第1区隊長、中澤1尉はこう言った。

『この小銃は、人を撃つためのものではない! 平和を維持するために、それを音で知らせるために、発砲するのだ。』

15歳の若僧には、全く、理解ができずにいた。

『戦争は、絶対に起こしてはならない。また、武器も使用してはならない。』

高濱3佐は、幾度と無く、そう、私達に教育をした。

だけれども、矛盾だらけであった。

武器を武器と言うな!

武器を持っているのに、使うな!

と言う。

本当に、訳が判らなかった。

助教達も、口を揃えていた。

岸1曹は、

『国を守ると思うな! 自分の、一番大事な人を守ると思え! 家族だったり、友達だったり、そう言う人達を守る時にだけ、銃を使え!』

山本3曹も、それに続いた。

『今は、周りには、同期しかいない! 助け合えるのは同期しかいない! 同期はとても大切な仲間だ! 同期は守れ! その時に、銃を使うんだ!』

初めは、銃を持つ事が、格好好い事だと思っていた。

銃に触れる事が、嬉しく思えていた。

小銃を手にして、一人前の、自衛官になった様な気がした。

学校朝礼で、銃を持って行進をした。

それが、国を守っていると思わさせた。

銃の扱いに慣れてきた。

銃の分解もできる様になった。

実弾射撃もした。

たかだか、15歳で、である。

平和の意味?

国を守る?

自衛権の行使?

憲法第9条?

特別職国家公務員?

自衛隊員ではなくて、自衛官?

『自衛隊内で、銃を撃てるのは、自衛官だけである!』

そう、中澤1尉は、言っていた。

『貴様達は、自衛官である! その自覚を持て!』

生徒の、1年生の時は、銃を撃てる事が嬉しくって、それで終わってしまった。

2年生の時には、あまり変化が無かった。

3年生になり、東富士で、野営訓練を行った。

夜間行軍の最後に、銃をハイポートし、何キロも走った。

とにかく、暗闇の中を走った。

銃が、こんなにも重たいとは!

同期が挫けそうになった。

助教が怒鳴った!

『同期を見捨てるな! みんな辛いんだ! 助け合え!』

銃を、2丁手にした。

重さは倍になった。

もう、銃を抱きかかえるしかなかった。

銃の重みを、とことん、知った時であった。

3等陸曹になった。

ひょんな事から、防衛庁に転属になった。

六本木である。

実際は、檜町駐屯地と言った。

その、檜町警備隊本部の運用科勤務となった。

警備隊の本部には、狙撃手要員が、置かれていた。

本部内で、その選抜が行われた。

狙撃手になると、専用のスコープが渡された。

銃には、常にそれが装着されていた。

狙撃手は、年に何回か、射撃訓練を行っていた。

但し、その『的』になるのは、自分自身であった。

警備隊本部の、あまり広くは無い講堂に、コンパネが運び込まれた。

そこに、その上に、狙撃手、自分自身が、寝転がって、大の字になるのである。

お互いに、人型を取った。

髪を黒く塗り、服の部分はOD色に塗り、肌が露出している部分は、肌色に塗った。

裏に、角材を打ち付け、『的』は、完成をした。

結局、自分で、自分自身を撃つのである!

自分で自分を撃つ!

その時、私は思った。

『銃は、人に向けてはいかん!』

その事の、大元の意味は、少年工科学校の、教育隊長であり、区隊長であり、助教達が、語ってくれていた。

私は、私が私自身を撃つ度に、そんな事を思い出していた。

昨日、とっても悲しい、そして、とても愚かなニュースが舞い込んだ。

確かに、朝鮮半島は、戦時中である。

ただ単に、休憩(休戦)をしているだけである。

いつ、何処で、何が、勃発をしたっておかしくは無い。

だけれども、人に、筒を向けはいけない。

ましてや、人を殺めては、絶対にいけないのである。

人殺し。

殺戮。

戦争。

どれもこれも、行ってはいけないのである。

『銃を持てば、撃ちたくなる。』

『大砲に、弾が込められていれば、撃ってみたくなる。』

人間とは、何て、愚かで儚い、ものなのであろうか!

誰を責める訳でもないが、考える余地は、まだまだ、残されている様に思えてならない。

犠牲となって、尊い命を失ってしまった方々のご冥福を、心から祈りたい。

『拳は上げちゃいかん! まず、話し合え!』

確か、生徒8期、田中1尉の言葉だったと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

『感動と感謝!』(^o^)/ (今現在)

絶対に、その瞬間を、見逃してはいけない!

そう思って、夜中に起きた!

絶対に、起きると決めていた!

そんなにしてまで、構えていたのに、一体全体、何と言う事であろうか!

たった、一球で決めてしまった。

それも、初級である。

見事な、センター前ヒットであった。

本当に、目が覚める思いであった。

本当に、一瞬の出来事であり、あっと言う間に、その時は過ぎ去ってしまった。

余韻なんて、そんなものは無かった。

ただ、一塁ベース上に、いつもと変わらぬ姿で、立っている姿を、観るだけであった。

チームメイトとの確執があったそうだ。

だから、直ぐには、そして、瞬間的には、観客にも応えられなかったそうである。

だけれども、ダッグアウトの中で、チームメイトが総立ちとなって、また、身を乗り出したその姿を観て、『あぁ、これで好いんだ。』と、そう感じたそうである。

それで初めて、観衆に、声援に、やっと、応えたそうなのである。

私は、その姿を観ていて、思わず、涙が流れて来てしまった。

心の底から感動したとか、その様な事ではない。

何か、途轍もなく、不思議な力に、包まれたと思った。

この世のものとは思えない様な、そんな、不思議な、光景に出会った様な気がした。

それに、とても美しい、光の様なものに、出会った気がした。

自分自身の、体全体の力が抜け、そして、涙が、溢れ出て来た。

『感動』と言う『感動』ではない!

体の芯から、何かが出て来たのである。

その何かが、涙を流したのである。

それは、今まで出会った事が全く無かったものである。

初めての体験かも知れない。

パソコンの画面に釘付けになり、暫くは、動く事さえできなかった。

記憶を辿ろうと思った。

その光景を、眼に焼き付けようと思った。

だけれども、そんな事はできなかった。

そんな事を許すほどの、時間も与えてはくれなかった。

本当に、一瞬の出来事であった。

本当に、美しい、クリーンヒット!

素晴しいではないか!

そして、淡々とした、たたずまい。

その、世界初の偉業を成し遂げた人物は、いつもと全く、変わらない姿でいた。

10年連続、200本安打。

それは、誰も到達をしたことがない、未知の領域である。

誰も、何も判らないのである。

しかしながら、たった一人だけ、その事を知っている、そして、体験している人間がいる。

確かに、いるのである。

それは、テレビの画面を通してだけれども、現実に存在をするのである。

この地球上に、存在をするのである。

誰も、否定をすることはできない!

現実なのである。

10年間。

私は、何か続けてきた事があるだろうか?

そして、寸分違わず、続けてきた事があるだろうか?

日々、積み重ねて来たものがあるだろうか?

何も、見付かりはしない。

しっかりと、目標を定めて、生きてきたであろうか?

人生に、ブレを生じさせないで、生きてきたであろうか?

継続をさせようと、心に誓ったことがあったであろうか?

何も、見付からない。

10年間。

果たして、これから何かをしようとして、続けていく事ができるものが見付かるであろうか?

それよりも何も、生き続けていられるであろうか?

健康を、守っていく事ができるであろうか?

体力の維持ができるであろうか?

何も、約束はできない。

毎日、同じことを、繰り返し続けることができるであろうか?

生活のリズムを、守ることができるであろうか?

そんな精神力は、持ち合わせているのか?

根性を、持っているのか?

それらは、今更、身には付かないであろう。

若い時に、身に付けたもの。

それは、本当に、一生ものだと感じる。

若い時に、どれだけ、自分のために努力をしてあげたのか?

その結果が、問われるのであろう。

誰もが、できないのではない。

誰もが、自分のために、努力をしなかったのである。

自分で、自分のことを考えなかったのである。

そうして、本当に、好きになれるものを、見付け切れなかったのかも知れない。

とことん、考え抜かなかったのかも知れない。

だけれども、それを成し遂げてしまった人間がいる。

いや、過去形ではなくって、現在進行形である。

その上、まだまだ、発展途上にいる。

これからも、まだまだ、成長をし続け、まだまだ、継続はされて行くであろう。

そんな人物を、観てしまった。

そして、その人間と、同時期に、生きていられる事を、幸せに思う。

そして、とっても光栄に思う。

そして、その躍動する姿を観ることができて、とても嬉しく思う。

その姿を、鮮明に観ることができて、心が躍る。

心が、弾む!

あの、全身ばねの様な動き。

そして、しなやかな身のこなし。

クールな態度。

どれもこれも、みんなとっても、独創的である。

とっても、個性的である。

本当に、魅力的である。

あんな色気は、まず、出す事はできないであろう。

人を惹き付ける強さ。

誰にも、負けないであろう。

誰も、敵わないであろう。

魅力的だ!

これからも、世紀の瞬間は、続いて行くであろう。

そうして、新たな扉が、次々に、開かれて行くであろう。

私は、それを見続けたい。

果たして、いつの日まで、見続ける事ができるであろうか?

だからこそ、見習うのだ。

自分のために、自分で努力をするのだ。

そうして、同じ時を過ごさせて頂いている事に、感謝をするのだ!

歴史は、当然の如く、どんどんと、積み重ねられて行く。

だけれども、歴史の目撃者になることは、意識はしていなかった。

しかしながら、今回は、体の芯からあふれ出す霊気と共に、また、涙と共に、歴史を目撃した。

身震いもした。

拳も、握り締めてしまった。

確かに、歴史を目撃したのである。

同じ時を生きているのである。

『イチロー』。

その名は、歴史に刻まれつつある。

これからも、刻まれ続けるであろう。

だから、一々、感動をして、感謝をしていても、仕方が無い様にも思う。

だけれども、お礼の言葉を述べなくてはなるまい。

『感動』を、ありがとう!

そして、同時期に、生きていることに、『感謝』させて頂きたいと思う。

益々の、進化と、益々の、活躍を、祈りたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Vサイン | ○○長 |  タクシー | 「ちかい」と「おきて」 | 『きゃさりん副長。』 | 『戦闘指揮所』跡 | 『特急 かもめ』 | あさつゆ | いちき串木野市 | えきマチ1丁目 | お土産 | お城 | お寿司 | お年玉付き年賀はがき | お年玉切手シート | お札 | お気に入りの場所 | お花見 | お茶のブレンド | お茶・茶道 | お茶室 | お酒 | お龍 | かごしまロマン街道 | かごしま黒豚 | かつお節行商の像 | かめ仕込み | かめ壺仕込み | かるかん | かるかん粉 | ぐるめ横丁 | こだま | ご成婚 | ご祈祷 | ご神体 | さえみどり | さくら | さつま白波 | しじみ | そなえよつねに | とっとり花回廊 | とんび | どなん・与那国・舞富名 | なでしこ隊 | なでしこ隊見送りの地 | ならぬことはならぬものです | のぞみ | びわ | みずほ | みやげ横丁 | やぶきた茶 | ゆたかみどり | アウトドア | アニメ・コミック | アマチュア無線 | アミュプラザ鹿児島 | アメニティグッズ | アロハシャツ | アロハ宣言 | イケメン | イタリアン | イタリア料理 | ウッドバッジ | ウッドバッジ実修所 | ウッドバッジ研修所 | ウッドビーズ | エスカレーター | エピソード | エレベーター | オリジナルキャプ | オリンピック | カブ隊 | カラオケ | カルデラ湖 | キャンプ | キーゼルバッハ | ギャルソン | ギャンブル | ギルウェルスカーフ | クリアファイル | クリスマス | クリスマスツリー | クルーズ客船 | クールダウン | グラバー | グランドピアノ | グリーンコイン | グルメ・クッキング | ゲゲゲの女房 | ゲゲゲの鬼太郎 | ゲートル | ゲーム | コースメニュー | サプライズ | サンエム | サンメッセ | シェア | シラス台地 | スカウティング | スカウトハウス | スタンプラリー | スナイドル銃 | スナック | スペンサー銃 | スポンゼル | スポーツ | スマホ | スマート | スメ | スリーエム | ゼロ戦 | ソムリエ | タクシーチャーター | タブレット | チャペル | チャペルの庭園 | チームワーク | ツボ | テント | ディナーコース | デザート | トヨタの4tトラックのエンジン | トリックアート | トレーナー | トレーニングチーム | トンネル | ドキュメンタリー | ナンバーワン | ニュース | ネッカチーフ | ネットショッピング | ノンフィクション | ハム & ペン | ハンサム | バスターミナル | パイロット | パソコン・インターネット | パトロン(薬莢)製造機械 | パワースポット | ビックカメラ | ビーバー隊 | ピアノ | ピアノソナタ第14番 | ファッション・アクセサリ | フッペル社製 | フッペル鳥栖ピアノコンクール | フレンチ | ブライダル | ブランド牛 | ブルーインパルス | プライド | プレミアム焼酎 | プロジェクト | プロフェッショナル | ヘリコプター | ベタ踏み坂 | ベッド | ベッドメーキング | ベテランドライバー | ベニヤ板製 | ベレー帽 | ベンチャー隊 | ベーデン・パウェル | ベートーヴェン | ペット | ペリカン便 | ペンギン | ホイッスル | ホタル館 富谷食堂 | ホテル | ホテルニューオータニ | ボランティア | ボランティアガイド | ボーイスカウト | ボーイスカウト清水町第1団 | ボーイスカウト講習会 | ボーイスカウト駿東地区 | ボーイ隊 | ママさん | マレー作戦 | ミニエー銃 | ミュージアム知覧 | ムーンライト・ソナタ | メインローター | モーターボート | ライトアップ | リアス式海岸 | レジャーボート | レストラン | ロック | ローバー隊 | 一大商業施設 | 一畑電車 | 三代目女将 | 三宅島サタドウー岬灯台 | 三島駅 | 三嶋大社 | 三角兵舎 | 三角兵舎跡 | 上野の西郷さん | 上野歌子 | 下加治屋町 | 下加治屋町方限 | 下士官 | 下甑島 | 下級藩士 | 不平士族 | 不時着水 | 不浄 | 与謝野晶子 | 世田谷観音寺 | 世界平和 | 世界文化遺産 | 中原尚雄 | 中国地方 | 中央基地通信隊 | 中央集権体制 | 中曽根康弘 | 中村太郎 | 中海 | 乗り継ぎ | 乗務員室 | 乙姫様 | 九州 | 九州新幹線 | 亀山社中(海援隊) | 予備役士官 | 事業組合 | 二日酔い | 二階級特進 | 井上正子 | 井上良馨 | 井上馨 | 京都守護職 | 京都御所 | 京都御苑 | 什の誓ひ(掟) | 什(じゅう) | 仁王立ち | 介護タクシー | 伊藤博文 | 伊豆マリンハーバー | 伍長 | 会津藩 | 会津藩主 | 伯備線 | 伯耆富士 | 住まい・インテリア | 住友金属 | 佐多忠光 | 佐多氏 | 佐賀の乱 | 佐賀大学教育学部教授 | 佛教 | 佛教章 | 使節団 | 使節派遣 | 供養 | 保存会 | 信仰 | 信頼 | 個人タクシー | 偽装・隠蔽・掩蔽 | 元帥海軍大将 | 元治の変 | 克灰袋 | 入場券 | 入線 | 全国の和牛王座 | 全国和牛チャンピオン | 全国和牛能力共進会 | 全国規模 | 全日本タワー協議会 | 公約 | 内務省 | 内部偵察 | 内閣総理大臣 | 写真モデル | 写真撮影 | 出撃基地 | 出雲そば | 出雲国造 | 出雲大社 | 出雲大社前駅 | 出雲市 | 出雲市駅 | 出雲観光協会 | 分教場 | 分校 | 切手シート | 初代内務卿 | 初等練習機 | 別腹 | 別荘 | 別邸 | 別館 | 利右衛門 | 制服 | 前田利右衛門 | 副島種臣 | 加藤隼戦闘隊 | 動体視力 | 動脈硬化 | 勤労奉仕 | 北岳・中岳・南岳 | 北島国造館 | 北風と太陽 | 十三湖 | 半地下式 | 半端ない | 半長靴 | 南九州市 | 南九州市 平和公園 | 南方神社 | 南端の駅 | 南薩鉄道 | 厄除け | 原酒 | | 参拝 | 参議 | 参道 | 取って置きの場所 | 台風銀座 | 史跡(記念物) | 各務原航空宇宙科学博物館 | 同期の桜 | 同期の絆 | 名刺 | 名刺交換 | 和牛のオリンピック | 和牛王座 | 品評会 | 噴火 | 噴煙 | 四階級特進 | 回天 | 回想 | 回遊式庭園 | 因幡の白兎 | 団本部 | 国の登録有形文化財 | 国宝 | 国引き神話 | 国道10号線 | 国際 | 在来線 | 地租改正 | 地震災害 | 坂本龍馬 | 城下士 | 城山 | 城山公園展望台 | 城郭 | 基本動作 | 境港 | 境港市 | 境港竹内工業団地 | 境線 | 墓標 | 壁画 | 士官 | 士族 | 士族の反乱 | 声楽家濱口勝氏 | 夏服 | 外套 | 外遊 | 多目的トイレ | 多目的室 | 夢ちがい観音像 | 夢みなとタワー | 大うなぎ | 大久保利通 | 大久保利通 生い立ちの地 | 大久保利通 銅像 | 大久保利通暗殺事件 | 大刀洗陸軍飛行学校 | 大刀洗陸軍飛行学校 知覧教育隊 | 大刀洗陸軍飛行学校知覧教育隊之記念碑 | 大名庭園 | 大国主大神 | 大山 | 大山巌 | 大政奉還 | 大日孁貴命 | 大東亜戦争 | 大河ドラマ | 大河ドラマ館 | 大田山野営場 | 大西郷 | 大警視 | 大量出血 | 大隅半島 | 天気と人には恵まれる | 天満宮 | 天然記念物 | 天照大御神 | 太平洋戦争 | 失脚 | 奉仕 | 女子スカウト | 妖怪 | 始発駅 | 子供の遊び | 子煩悩 | 学制 | 学問・資格 | 学徒出陣月光の曲秘話 | 宅急便 | 安来市 | 宍道湖 | 宗像大社 | 宗教章 | 官僚制度 | 定型訓練 | 宮ヶ浜 | 家宝 | 家老 | 寅さん | 富国強兵 | 富士スカウト | 富士山 | 富士章 | 富士章プロジェクト | 富谷旅館 | 富谷旅館保存会 | 富谷食堂 | 審判員 | 審判委員 | 審判部 | 寺田勝志 | 寺田屋事件 | 小和田 哲男 | 小松帯刀 | 小松清廉 | 小泉純一郎 | 小西郷 | 小説 | 少尉 | 少年工科学校 | 少年術科学校 | 尿瓶 | 屋形 | 屋形造 | 山川港 | 山川湾 | 山川町 | 山幸彦 | 山形屋 | 山砲座跡 | 山縣有朋 | 山陰本線 | 山陽新幹線 | 岡山駅 | 岩倉使節団 | 岩崎谷 | 島根半島 | 島根県 | 島根3部作 | 島津久光 | 島津忠久 | 島津忠恒 | 島津忠義 | 島津斉彬 | 島津雨 | | 川路利良 | 川辺茶 | 左下肢装具 | 左半身片麻痺 | 市ヶ谷駐屯地 | 干し柿 | 平和公園 | 平和観音像 | 平山城 | 年末年始 | 年賀はがき | 年賀状 | 幼少期 | 幼年学校 | 幼稚園 | 広報 | 広報活動 | 広島駅 | 店主 | 座席 | 廃藩置県 | 廠舎 | 弓ヶ浜半島 | 弾丸 | 弾痕 | 弾痕跡 | 弾薬掠奪事件 | 征韓論 | 後継者 | 後藤象二郎 | 後詰めの城 | 御小姓与 | 御岳 | 御庭方役 | 御朱印 | 復元 | 心と体 | 志願制 | 恋愛 | 情念 | 愛妻家 | 慰霊 | 慰霊祭 | 憲兵の検閲 | 戊辰戦争 | 戦争 | 戦闘服 | 戦闘機 | 手打港 | 手紙 | 技能章 | 技術兵 | 投票 | 折り返し運転 | 折田正助 | 拷問 | 指宿市 | 指宿有料道路 | 指宿枕崎線 | 指宿温泉 | 指宿郵便局 | 指宿酒造株式会社 | 指宿駅 | 捨て子 | 掃除・洗濯・給仕・裁縫 | 掩体壕 | 掩体壕公園 | 揮毫 | 携帯・デジカメ | 摘採機 | 撮影スポット | 撮影可 | 撮影禁止 | 操縦課程 | 支配人 | 政府軍 | 政治家 | 救急法 | 救急車 | 教官 | 教育・訓練 | 教育法 | 教育規程 | 散歩 | 敬礼 | 文化・芸術 | 文化財 | 新大阪駅 | 新婚旅行 | 新山口駅 | 新幹線 | 新神戸駅 | 新聞記事 | 新選組 | 新関門トンネル | 方限(ほうぎり) | 旅行・地域 | 旅行会社 | 日の丸 | 日本のハワイ | 日本一 | 日本神話 | 日本航空協会 | 日本航空国際線機内限定販売 | 日本酒 | 日記・コラム・つぶやき | 日豊本線 | 日露戦争 | 旧制服 | 旧大社駅 | 旧島津氏玉里邸庭園 | 明治六年政変 | 明治政府 | 明治新政府樹立 | 明治維新 | 映画 | 映画『ホタル』 | 映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』 | 映画『月光の夏』 | 映画ロケ地 | 映画・テレビ | 昭和天皇 | 晴れ男 | 暗殺 | 書籍・雑誌 | 最南端の始発・終着駅 | 最南端の駅 | 最後の日記 | 最端の駅 | 月光の夏 | 月山富田城 | 朝寝坊 | 朝鮮出身 | 木造のバラック建て | 未帰還 | 本土最北端の始発・終着駅 | 本格焼酎 | 本館 | 村尾 | 村尾酒造合資会社 | 村田新八 | 東シナ海 | 東京理科大学 | 東京駅 | 東日本大震災 | 東洋のハワイ | 東海道・山陽新幹線 | 東海道新幹線 | 東部方面ヘリコプター隊 | 東郷平八郎 | 松平容保 | 松江城 | 松江市 | 松江駅 | 板垣退助 | 枕崎ヘリポート | 枕崎市 | 枕崎空港 | 枕崎駅 | 枚聞岳 | 柿田川 | 柿田川湧水 | 栄之尾温泉 | 格納庫 | 桂小五郎 | 桐野利秋 | | 桜のトンネル | 桜の名所 | 桜島 | 桜花章 | | 梛の木 | 棒羊羹の形をした和菓子 | 森伊蔵 | 森伊蔵酒販 | 森伊蔵酒造 | 機動性 | 檜町警備隊本部 | 檜町駐屯地 | 欄干 | 歌碑 | 武力 | 武力衝突 | 武家屋敷群 | 殖産興業政策 | 母と子供の群像 | 母の像 やすらかに | 母親の癖 | 毛利恒之 | 気遣い | 水割り | 水木しげる | 水木しげるロード | 水木しげる記念館 | 水濡れ検知センサー | 江島大橋 | 江戸城無血開城 | 江藤新平 | 池田湖 | 沖田総司 | 沼津夜間救急医療センター | 沼津市静浦漁港 | 泡盛 | 洞窟 | 浦島太郎 | 海ゆかば | 海上特攻 | 海上自衛隊 鹿屋航空基地 | 海上自衛隊生徒 | 海中特攻 | 海幸彦 | 海軍 | 海軍飛行予科練習生 | 海門岳 | 深川善次 | 清掃 | 清掃員 | 清水中学校 | 清水小学校 | 清水町 | 温泉 | 温泉蒸し器 | 湖底火山 | 湘南高校 | 滑走帯 | 滑走路 | 激戦地 | 火の神 | 火口港 | 火口湾 | 火山 | 火山灰 | 災害派遣 | 烈風 | 無線電信 | 焼酎 | 熊谷基地 | 版籍奉還 | 牧之原台地 | 牧之原市 | 特別操縦見習士官 | 特別攻撃隊 | 特急『やくも』 | 特攻おばさんの店 知覧茶屋 | 特攻の母 | 特攻作戦 | 特攻像「とこしえに」 | 特攻勇士 | 特攻勇士の像 | 特攻基地 | 特攻平和観音像 | 特攻平和観音堂 | 特攻機 | 特攻隊員 | 特攻隊員の生き残り | 特攻隊戦没者慰霊顕彰会 | 特殊潜航艇 | 猿山 | 玄孫 | 現役士官 | 瑞鶴 | 瓜島 | 生い立ち | 生ビール | 由来 | 甲突川 | 申し送り | 男はつらいよ | 男気 | 病弱 | 登山 | 白波 | 白玉醸造株式会社 | 白麹 | 皇太子殿下 | 目達原基地 | 直掩・援護・迎撃 | 相撲文字 | 真珠湾攻撃 | 真鍮製の薬莢 | 知覧いのちの物語 | 知覧城址 | 知覧基地 特攻隊の歌 | 知覧平和祈念通り | 知覧忠信 | 知覧教育隊 | 知覧武家屋敷庭園群 | 知覧武家屋敷群 | 知覧特攻基地戦没者慰霊祭 | 知覧特攻平和会館 | 知覧特攻慰霊顕彰会 | 知覧特攻遺品館 | 知覧町 | 知覧町 平和公園 | 知覧町長 | 知覧線 | 知覧茶 | 知覧鎮魂の賦 | 知覧飛行場 | 知覧飛行場跡地 | 知覧駅跡 | 知覧高等女学校 | 石原慎太郎 | 石垣 | 石塀 | 石灯篭 | 石碑 | 砂嘴 | 砂糖 | 砂蒸し温泉 | 砂蒸し風呂 | 砲隊学校 | 礼服 | 神棚 | 神武天皇 | 神聖な場 | 神道 | 神道章 | 神風 | 神風特別攻撃隊 | | 禁門の変 | 福山城 | 福山駅 | 私学校 | 秘話学徒出陣 | 稚内駅 | 種子島 | 空襲 | 立川駐屯地 | 立行司 | 竜宮伝説 | 竜宮城 | 笑顔で見送る | 第四〇教育飛行隊 | 第四術科学校 | 管制塔 | 篠原国幹 | 篤姫 | 米兵 | 米子市 | 米子空港 | 米子駅 | 米子鬼太郎空港 | 紀尾井坂の変 | 紀尾井坂事件 | 紙おむつ | 紙パンツ | 終点 | 終着駅 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 絶好の場所 | 絶筆 | 維新の三傑 | 維新の十傑 | 綺麗なお姉さん | 緑の募金 | 縁結び | 美保基地 | 美保湾 | 美容・コスメ | 老眼 | 耳鼻咽喉科 | 育児 | 脚絆 | 脳出血 | 自由民権運動 | 自衛隊 | 自衛隊生徒 | 至純 | 航空学校 | 航空学生 | 航空教育隊 | 航空母艦 | 航空特攻 | 航空生徒隊 | 航空科 | 航空自衛隊 | 航空自衛隊生徒 | 航空通信修理 | 芋焼酎 | 芋麦焼酎 | 花粉症 | 芳醇 | 芸能・アイドル | 英霊の遺影 | 茶室 | 茶室・長屋門・黒門 | 茶道部 | 草牟田火薬庫 | 薩摩の小京都 | 薩摩の敵 | 薩摩の英雄 | 薩摩切子 | 薩摩半島 | 薩摩国一宮 | 薩摩富士 | 薩摩川内市 | 薩摩焼 | 薩摩焼酎 | 薩摩芋 | 薩摩藩 | 薩摩藩主 | 薩摩軍 | 薩摩酒造 | 薩摩銘菓 かるかん | 薩摩隼人 | 薩摩雨 | 薩長同盟 | 蛤御門 | 蛤御門の変 | 血液検査 | 表千家 | 表敬訪問 | | 裏千家 | 西南の役 | 西南戦争 | 西南戦争百周年 | 西大山駅 | 西田敏行 | 西部第一二三部隊 | 西郷どん | 西郷どんのシャツ | 西郷どんの襦袢 | 西郷どん館 | 西郷南洲翁終焉百年之碑 | 西郷吉兵衛 | 西郷吉次郎 | 西郷小兵衛 | 西郷島 | 西郷従道 | 西郷終焉之碑 | 西郷隆盛 | 西郷隆盛 暗殺計画 | 西郷隆盛 洞窟 | 西郷隆盛 終焉の地 | 西郷隆盛 銅像 | 西郷隆盛誕生地 | 西鹿児島駅 | 規律 | 視力 | 視力検査 | 観世音菩薩像 | 観光地 | 観光客 | 観察眼 | 観覧車 | 観音の由来 | 討幕 | 記念写真 | 記念撮影 | 設樂焼の陶板壁画 | 語り部 | 講演会 | 警備会社 | 警視庁 | 豊玉毘売命 | 質問魔 | 赤とんぼ | 赤利右衛門 | 赤猪岩神社 | 超々ジュラルミン | 超一流ドライバー | 趣味 | 足立美術館 | 身体障害者 | 身体障害者手帳 | 車掌 | 車椅子 | 車止標識 | 軍服 | 転進 | 輸送機 | 辞世の句 | 通院 | 進駐軍 | 運転免許証 | 運転免許証更新 | 運転士 | 選挙 | 遺品 | 遺族 | 遺書 | 遺骨 | 郡方書役助 | 部活動 | 郷中 | 郷中教育 | 郷社八幡神社 | 都城東基地 | 都城西基地 | 酒盗 | 重要文化財 | 重鎮 | 野球 | 金目鯛 | 釣り | | 銃剣道 | 銃隊学校 | 銅像 | 銘板 | 錦江湾 | 鎮魂の地 | 長州藩 | 長渕剛 | 長靴 | 門柱 | 開聞岳 | 開聞岳だいこん | 防府北基地 | 防衛庁 | 陸上自衛隊 | 陸上自衛隊 陸曹航空操縦学生課程 | 陸上自衛隊生徒 | 陸軍 | 陸軍一式戦闘機『隼』三型 | 陸軍三式戦闘機『飛燕』二型 | 陸軍下士官 | 陸軍四式戦闘機『疾風』甲 | 陸軍士官学校 | 陸軍士官養成 | 陸軍大将 | 陸軍大将の軍服姿 | 陸軍少年飛行兵 | 陸軍指定の食堂 | 陸軍沖縄特攻作戦 | 陸軍病院跡 | 陸軍省砲兵属廠 | 陸軍知覧飛行場 | 陸軍航空士官学校 | 隊歌 | 隼章 | 離れ | 離間工作 | 零式艦上戦闘機 | 零戦 | 電話による予約抽選販売 | 震洋 | 霊名録 | 霧島 | 霧島市 | 青少年の命 | 青山墓地 | 靖国の桜 | 靖国神社 | 静岡大学名誉教授 | 静浜基地 | 音楽 | 頴娃茶 | 顔パス | 顕彰 | 顕彰碑 | 顕賞 | 顕賞の碑 | 飛行兵 | 飛行編隊 | 食いしん坊 | 館長 | | 首相 | 香りが開く | 馬車の御者 | 駅ビル | 駅前広場 | 駅弁 | 高島屋 | 高校野球 | 高等工科学校 | 高血圧 | 高見橋 | 鬼籍 | 魔法のホウキ | 魔王 | 鰹節 | 鰻池 | 鰻温泉 | 鳥取県 | 鳥取県南部町 | 鳥濱トメ | 鳥濱初代 | 鳥濱明久 | 鳥濱義勇 | 鵜草葺不合命 | | 鶴の港 | 鶴丸城 | 鹿児島の敵 | 鹿児島中央駅 | 鹿児島交通 | 鹿児島医療センター | 鹿児島半島 | 鹿児島城 | 鹿児島城下高麗町 | 鹿児島市 | 鹿児島市中央公民館 | 鹿児島市立鹿児島女子高等学校 | 鹿児島市電 | 鹿児島本線 | 鹿児島県 | 鹿児島県令 | 鹿児島県個人タクシー事業協同組合 | 鹿児島県個人タクシー協会 | 鹿児島県産の自然薯 | 鹿児島県知事 | 鹿児島県立薩南工業高等高校 | 鹿児島県立鹿児島中央高等学校 | 鹿児島県立鹿児島工業高等学校の女子生徒 | 鹿児島空港 | 鹿児島黒牛 | 鹿児島黒豚 | 麹町紀尾井町清水谷 | 麻生太郎 | 黄色いポスト | 黄麹 | 黒利右衛門 | 黒毛和牛 | 黒毛和牛のステーキ | 黒豚 | 黒麹 | 鼻血 | 250kg爆弾 | 3Dフィギュア | 3Dプリンター | 3M | 5,7頭身 | 8両編成 | 84の実会 | CG映像 | Facebook | JR SECOM | JR九州 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | MRI | T-3 | T-4 | T-400 | T-7 | VIP並み