カテゴリー「防衛庁」の4件の記事

2017年7月 9日 (日)

『匂いの、正体!(その3)』(^-^)/

(出雲市・米子市 訪問:その47)


(※注:平成29年5月4日(木・祝)の記憶です。)


おはようございます!(^o^)/


【匂いの、正体!(その3)】(^-^)/


(ペン)「あのさぁ。
     今までの話を聴いているとさぁ。
     『Wさん』と、おデブ隊長の、共通点って、
     『自衛隊生徒』だけじゃん。
     それで、どうして、話が盛り上がってんのさ。」

(ハム)「そうだね。

     実はね。
     『通信』は、通信でも、『航空通信』と
     言うことが、かなりの共通点みたいなんだよ。

     『Wさん』はね。
     戦闘機の、『通信修理』だったみたい。
     それで、最初の赴任地は、沖縄だったんだって。

     それはね。
     最新鋭の戦闘機が、配備されると、
     最新の通信機器の整備、修理ができる者が、
     付いて行かなくちゃならなかった
     からなんだって。

     だから、学校で、最新の教育を受けた生徒が、
     赴任するのが、当たり前の様な感じだった、
     って、言ってるよ。

     その後も、『戦闘機』がある部隊、基地へしか、
     転属は、できなかったんだって。

     例えばだけど、お隣の、鳥取県境港市にある、
     『美保基地』には、『輸送航空隊』が、
     あるんだけど、そう言う所に、転属の希望を
     出しても、叶わなかったんだって。

     でも、『浜松基地』の実習で、
     『ブルーインパルス』を、観たり、触ったり、
     できた時には、無茶苦茶、嬉しかったそうだよ。」

(ペン)「へぇ~!
     『ブルーインパルス』、格好良いもんね。」

(ハム)「それでね。

     『Wさん』が、

      『陸上自衛隊にも、『航空通信修理課程』と
       言うものが、あるとは知りませんでした。』

     って、言ってるよ。

     それに対して、おデブ隊長が、

      ・生徒17期から、新設された課程

      ・自分は、『航空通信修理課程』では、
       5期生に当たる

      ・『航空通信修理課程』の人数は、
       他の課程に比べて、とても少なく、
       17名だった

     などの説明をしているよ。」

(ペン)「そっかぁ!
     『航空通信修理』、繋がりなんだぁ!
     だから、話が、滅茶苦茶、
     盛り上がってたんだね。」

(ハム)「うん!

     それとね。
     『第5期生』と言うのが、『Wさん』の興味を、
     かなり、そそったみたいだよ。」

(ペン)「え゛~!
     でもさ。
     5期って言っても、全然、違う5期じゃん!
     それでも、良いの?」

(ハム)「いいみたいだよ。
     とにかく、おデブ隊長の方が、
     少しでもずれていたら、例えば、
     『航空通信修理課程』の、4期だとか、
     6期だったら、どうなると思う?」

(ペン)「ん゛~!
     まぁ、何となく、しっくりとは来ないよなぁ。」

(ハム)「でしょう!
     だから、『Wさん』は、同じ職種で、同じ期で、
     ワクワクしちゃったみたいなんだ。」

(ペン)「ふぅ~ん。
     そんなものなのかなぁ。
     『自衛隊生徒』って、超~、ふ・し・ぎ!」

(ハム)「何だか、アルファベットの話をしているよ。

     えっとぉ。

     VHF・UHF・HF・AM・FM・SSB・
     ADF・VOR・GS・ILS・LOC・
     SIF・IFF・GCA・TACAN・
     DEM・GPS・AMeDAS・
     CONTROL・APPROACH・
     TOWER・JP4・JP5・
     FOLLOW ME・・・・・。

     って、際限が無いなぁ。」

(ペン)「げぇ~!

     何を言ってるのか、全く、解んないよぉ。
     おデブ隊長、いい加減なことを、
     言ってんじゃないのぉ。

     適当に、滅茶苦茶に、アルファベットを、
     並べているだけじゃないのぉ。」

(ハム)「ん゛~。
     そうでもないみたい。

     『Wさん』がね。
     一つずつ、頷きながら、聞いているもの。
     その上、相槌まで打ってるよ。」

(ペン)「ふぅ~ん。
     そうなんだ。
     でもさぁ。
     なんで、あんな単語で、話が通じるのさ?」

(ハム)「そこなんだよなぁ。
     どうやら、みんな、アルファベットの、
     頭文字を、取ったものみたい。

     それでね。
     無線機の名前だったり、航空システムの名称
     だったり、気象・管制の名前だったり、
     色々みたいだよ。

     それが、二人が共通認識できて、話は、充分、
     通じるみたいなんだ。」

(ペン)「ひょぇぇ~!

     それってさ。
     隠語とか、合言葉とか、二人だけにしか、
     解からない言葉って、そう言うことだよね。」

(ハム)「そうだね。
     多分、ここ周辺にいる人達の中で、
     二人の言葉が判る人は、殆ど、
     いないんじゃないのかなぁ。

     余程の、航空マニアならば、話は、別だけどぉ。」

(ペン)「でもさぁ。
     そんな話で、面白いのかなぁ。」

(ハム)「大丈夫みたいだよ。

     『Wさん』は、

      『いやぁ、大駐車場でお会いしてから、
       色々と、お話を聴いていて、
       ひょっとしたら、元自衛官だったんじゃ
       ないのかって、気になっていたんですよぉ。
       それが、まさか、生徒ご出身の方だった
       なんて。

       それも、同じ、『航空通信修理』
       だったとは、信じられない、
       巡り合わせですよ。

       自衛官の方は、何回か、ご案内した経験が
       ございますが、今回はですねぇ。

       いやぁ、実に驚きました。

       これは、もはや、偶然ではないですねぇ。
       やはり、お導きがあったのだと思います。
       それも、単なる『縁結び』ではなく、
       『超~、縁結び』ですなぁ。

       ワッハッハッハ!』

      って、大喜びしているから。」

(ペン)「そんなにも、陸海空の、生徒同士が、
     出会うのは、珍しいものなの?

     確率が、超~、低いってことなのぉ?」

(ハム)「そうだね。

     おデブ隊長がねぇ。
     立川駐屯地にいた時に、『入間基地』とか、
     『厚木基地』に、行くことがあったんだって。

     そこで、色々と聞いてみても、生徒出身者は、
     見付けることができなかったんだって。

     あとね。
     市ヶ谷駐屯地や、防衛庁(桧町駐屯地)で、
     勤務していた時には、海上自衛官や、
     航空自衛官とも、一緒に勤務していたことが
     あったんだけど、海上自衛官で、一人だけ、
     生徒出身者に、会うことができたんだって。

     それも、珍しいことに、第21期の同期生
     だったんだって。

     航空自衛官では、生徒出身者には、
     会えなかったんだって。」

(ペン)「ふぇ~!
     超~、難関って言うことぉ?」

(ハム)「そうみたい。

     やっぱり、『航空自衛隊生徒』は、
     人数が少ないだけに、会える確率は、
     物凄く、低いみたいだよ。

     その上、同じ職種って言うのは、
     奇跡に近いみたいだよ。」

(ペン)「そっかぁ。
     そうなんだ。
     それで、『物凄い縁結び』って、
     ことなんだね。」

(ハム)「うん!
 
     きっと、『Wさん』にとっては、初めてのこと
     なんじゃないのかなぁ。

     勿論、おデブ隊長に、とってもだけど。」

(ペン)「そっかぁ。

     二人にとっては、とっても意外で、初めての
     ことだから、こんなにも、
     盛り上がっているんだね。

     するってぇと、話しの止め様が無いし、
     こりゃ、放置だな。」



(つづく・・・。)(^^;



皆様、今日も、好い一日をお過ごしくださいませ!(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

『拳を上げるな!』 (今現在)

自衛隊生徒の時、区隊長に言われた言葉がある。

『拳を上げるな! 拳を上げるから、振り下ろしたくなるんだ!』

他にも、似た様な言葉を、沢山、聞いてきた。

『箸を握るな! 握ると突き刺したくなる。』

『棒を持つな! 棒を持つと振り回したくなる。』

『石を持つな! 石を持つと投げたくなる。』

『バットを持てば、振りたくなる。』

『竹刀を持てば、叩いてみたくなる。』

『ボールがあれば、蹴りたくなる。』

『サンドバッグがあれば、蹴ったり、殴ってみたくなる。』

『鉄棒があれば、ぶら下がり、跳馬があれば、跳んでみたくなる。』

そして、

『ライターを持てば、火を点けたくなる。』

『煙草を手にすれば、吸ってみたくなる。』

『杯を手にすれば、酒を呑んでみたくなる。』

更に、

『ナイフを持てば、刺してみたくなる。』

『銃を手にすれば、撃ってみたくなる。』

『原爆を作ってしまったら、落としてみたくなる。』

少年工科学校の1年生。

未だ、坊主頭の15歳であった。

そんな時に、7.62mm64式小銃を与えられた。

重さは、4.3kgだったと思った。

それを、区隊長に、ずしりと両腕の上に、抑え付けられる様にして、載せられた。

思わず、落としそうになった。

同期で、銃を落とした奴がいた。

区隊長は、容赦無く、蹴飛ばした。

『馬鹿もんが! 貴様なんかは、銃を持つ資格が無い!』

15歳の小僧には、荷が重過ぎる、小銃の授与式であった。

『これは、武器ではない! 平和を守るための道具だ!』

そう、第1教育隊長、高濱3佐は叫んだ!

第1区隊長、中澤1尉はこう言った。

『この小銃は、人を撃つためのものではない! 平和を維持するために、それを音で知らせるために、発砲するのだ。』

15歳の若僧には、全く、理解ができずにいた。

『戦争は、絶対に起こしてはならない。また、武器も使用してはならない。』

高濱3佐は、幾度と無く、そう、私達に教育をした。

だけれども、矛盾だらけであった。

武器を武器と言うな!

武器を持っているのに、使うな!

と言う。

本当に、訳が判らなかった。

助教達も、口を揃えていた。

岸1曹は、

『国を守ると思うな! 自分の、一番大事な人を守ると思え! 家族だったり、友達だったり、そう言う人達を守る時にだけ、銃を使え!』

山本3曹も、それに続いた。

『今は、周りには、同期しかいない! 助け合えるのは同期しかいない! 同期はとても大切な仲間だ! 同期は守れ! その時に、銃を使うんだ!』

初めは、銃を持つ事が、格好好い事だと思っていた。

銃に触れる事が、嬉しく思えていた。

小銃を手にして、一人前の、自衛官になった様な気がした。

学校朝礼で、銃を持って行進をした。

それが、国を守っていると思わさせた。

銃の扱いに慣れてきた。

銃の分解もできる様になった。

実弾射撃もした。

たかだか、15歳で、である。

平和の意味?

国を守る?

自衛権の行使?

憲法第9条?

特別職国家公務員?

自衛隊員ではなくて、自衛官?

『自衛隊内で、銃を撃てるのは、自衛官だけである!』

そう、中澤1尉は、言っていた。

『貴様達は、自衛官である! その自覚を持て!』

生徒の、1年生の時は、銃を撃てる事が嬉しくって、それで終わってしまった。

2年生の時には、あまり変化が無かった。

3年生になり、東富士で、野営訓練を行った。

夜間行軍の最後に、銃をハイポートし、何キロも走った。

とにかく、暗闇の中を走った。

銃が、こんなにも重たいとは!

同期が挫けそうになった。

助教が怒鳴った!

『同期を見捨てるな! みんな辛いんだ! 助け合え!』

銃を、2丁手にした。

重さは倍になった。

もう、銃を抱きかかえるしかなかった。

銃の重みを、とことん、知った時であった。

3等陸曹になった。

ひょんな事から、防衛庁に転属になった。

六本木である。

実際は、檜町駐屯地と言った。

その、檜町警備隊本部の運用科勤務となった。

警備隊の本部には、狙撃手要員が、置かれていた。

本部内で、その選抜が行われた。

狙撃手になると、専用のスコープが渡された。

銃には、常にそれが装着されていた。

狙撃手は、年に何回か、射撃訓練を行っていた。

但し、その『的』になるのは、自分自身であった。

警備隊本部の、あまり広くは無い講堂に、コンパネが運び込まれた。

そこに、その上に、狙撃手、自分自身が、寝転がって、大の字になるのである。

お互いに、人型を取った。

髪を黒く塗り、服の部分はOD色に塗り、肌が露出している部分は、肌色に塗った。

裏に、角材を打ち付け、『的』は、完成をした。

結局、自分で、自分自身を撃つのである!

自分で自分を撃つ!

その時、私は思った。

『銃は、人に向けてはいかん!』

その事の、大元の意味は、少年工科学校の、教育隊長であり、区隊長であり、助教達が、語ってくれていた。

私は、私が私自身を撃つ度に、そんな事を思い出していた。

昨日、とっても悲しい、そして、とても愚かなニュースが舞い込んだ。

確かに、朝鮮半島は、戦時中である。

ただ単に、休憩(休戦)をしているだけである。

いつ、何処で、何が、勃発をしたっておかしくは無い。

だけれども、人に、筒を向けはいけない。

ましてや、人を殺めては、絶対にいけないのである。

人殺し。

殺戮。

戦争。

どれもこれも、行ってはいけないのである。

『銃を持てば、撃ちたくなる。』

『大砲に、弾が込められていれば、撃ってみたくなる。』

人間とは、何て、愚かで儚い、ものなのであろうか!

誰を責める訳でもないが、考える余地は、まだまだ、残されている様に思えてならない。

犠牲となって、尊い命を失ってしまった方々のご冥福を、心から祈りたい。

『拳は上げちゃいかん! まず、話し合え!』

確か、生徒8期、田中1尉の言葉だったと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

(きゃ#36) 『手旗の起源!』(^o^)/ (今現在)

『きゃさりん副長。』の、感動的な『スカウツオウン』が終りまして、次は、『技能訓練』の時間となりました!(^o^)/

今回の『技能訓練』は、何と!

『手旗』なのです!(^-^)/

『きゃさりん副長。』から、強~~い、ご希望がありまして、『手旗通信』を、行なう事となりました。

ですが、一体全体、インストラクターを、誰にするのか?

そこは本当に、大問題であります!

ですが、身近で、『手旗』を行なえる者は、極々、限られております。

それに、『手旗通信』となりますと、殆ど、ほぼ、一人しかおりません!

但し、その人間は、左半身片麻痺の、身体障害者であります。

それでも、その人間を扱き使おうと言うのですから、インストラクターになる人間は、堪ったものではありません!(>_<)!

ですが、仕方が無いのです。

今現在の、指導者の技能は、相当、低下をしております。

どうしようもない位に、低下をし切っています。

ですが、それで、通用させてしまっています。

当団の、ボーイ隊は、果たして、本当に『手旗訓練』を行っているのでしょうか。

いや、多分、無理な相談でしょう。

ですので、ボーイ隊指導者に、お願いをする訳にもいきません。

ですので、そこは仕方がありません。

『解っている人間が行なう!』

それは、『スカウト技能』教育の、大鉄則であります。

決して、『嘘』や『中途半端』な技能を教えてはなりません!

教えるならば、『本物』を、伝え教えなければなりません。

また、見学をするならば、『本物』を観る!

体験をするならば、『本物』に触る!

それは、本当に、『鉄則』であります。

それを行わないからこそ、スカウティングは、指導者の能力の低下を招き、プログラムの愚劣化を引き起こし、魅力が無い物に、成り下がってしまったのであります。

本当に、何と言う、愚かな事でしょう!

本当に、情けなく思います。

スカウティングの衰退の原因の一つには、その様な事もあるのです。

と、まぁ、愚痴を言っていても何も始まりません。

私は、中学校1~2年生の頃に、海軍出身の、初代駿東地区地区コミッショナーに、地区で行われていました少年幹部訓練で、嫌と言うほど、体に叩き込まれました。

ですが、『カタカナ手旗通信』の実技は知っていても、その歴史は、全く知りませんでした。

その前に、『欧文(アルファベット)』ですが、ボーイスカウトの創始者である、ベーデン・パウェルが、今から100年以上前に『スカウティング・フォア・ボーイズ』と言う著書を著しました。

その著書は、ボーイスカウトを、爆発的に発展させる切欠となったものですが、その著書の中には、『アルファベット』の『手旗信号』が記されていました。

調べてみますと、『セマフォア信号』と言うものらしいです。

『スカウティング・フォア・ボーイズ』は、中学時代に読み漁っていたのですが、どうしても、『カタカナ手旗通信』の歴史は、知る事ができませんでした。

また、駿東地区の初代コミッショナーは、多くを語る事無く、鬼籍に入られてしまいました。

今現在は、インターネットの時代であります。

何かを調べようとしますと、直ぐに、見つけ出す事ができます。

『手旗の起源』。

この事に付きましても、直ぐに発見をする事ができます。

ですが、私がボーイスカウトを拝命した25年前は、少なくとも、

和文タイプライターからワープロへ、

感熱式コピーから、熱転写(カーボン:トナー)式コピーへ、

と、移りつつあった時代だと思いました。

通信の先端と言えば、FAXが、席巻していた頃だったと思います。

インターネットも、電子メールも、まだまた、登場してはいなかったと思いました。

そんな頃、防衛庁で勤務をしていた頃ですが、一人の、海上自衛隊生徒出身者と出会うことができました。

それも、同期の21期生でした。

彼とは、大学も同じで、尚且つ、工学部電子工学科の、同じ同窓生でもありました。

そんな彼に、無理を承知で、お願いをしてしまったのでありました。

『手旗の起源を、教えてくれ!』、と!(^^;

自衛隊の文書規則は厳しく、おいそれと簡単には、文書などを出す訳には行きません。

その文書が、流出してしまっても大丈夫な物かどうかなどは、とても判断か付くものではありません。

そこで彼は、『自分の知識』として、FAXで私に、知らせてくれました。

本当に、有り難かったと思いました。

自衛隊生徒の同期って、本当に、何と有り難いものか!

同期生のみんなに対しましては、本当に、いつもいつも、『感謝!』ばかりであります。(^^;

さて、そんな事も含めながらでありますが、『きゃさりん副長。』と、ベンチャー君に対しまして、偉そうに、『手旗の起源』に付きまして、お話をしたのでありました。(^^;

Img_0648

私は、ついつい、『手旗通信』と申してしまいますが、どうやら、『手旗通信法』と言うのが、正しい呼称の様です。

ですが、とりあえずは、海上自衛隊の同期に頂いた資料を基に、話を進めて行きました。

その、内容によりますと。

Img_0649

『手旗は、日清戦争(1894年)の直前、当時海軍中尉であった釜谷忠道(かまたに ただみち)氏が部下と共同して考察したものであり、カタカナの裏文字を、両手に旗を持ち、書いてみせたところ、十分読み取れることがわかり、近距離用における実用信号として使えることで海軍省に進言したところ、正式に採用され、海軍の手旗信号法となった。』

と言う、ことでありました。

要は、時代は、明治時代だったと言う事なのですね。

それで、海軍軍人の方が、考案したと言うこと。

また、『カタカナの裏文字』に、着目をしたと言うこと。

近距離用の実用信号として、十分に使える。

海軍が一番最初に始め、海軍の手旗信号法として、成り立った、と言う事の様です。

つまり、海上自衛隊の同期に聞いてみて、正解だったと言う訳なのです!(^-^)/

それで、現代は、どの様な扱いになっているかと言いますと、

Img_0650

『手旗は、最も容易な視覚信号で、艦艇に、短艇に、陸上にと、この使用範囲は極めて広く、また、実用の機会は最も多く、電波機器が発達した現在においても、近距離用において、簡単に交信できうるものである。』

と言う、ことだそうです。

つまり、現在でも、しっかりと、『手旗信号法』を、用いていると言う状況の様です。

ここでのポイントは、

・最も容易な視覚信号である。

・私達、ボーイスカウトにとっては、海に、山に、川に、野原にと、どこでも使う事ができる。

・使用範囲が、極めて広い。

・実用の機会も多い。

・電気が無くても使える。

・近距離において、簡単に交信ができる。

と、まぁ、私達ボーイスカウトにとりましては、本当に、持って来いの通信法なのではないのでしょうか!(^o^)/

それを、見事に訓練もしないで、また、見事に使いこなせない。

本当に、現代の指導者達は、情けなくって情けなくって、仕方がありません。

この『手旗通信法』の話を聞きました、『きゃさりん副長。』ですが、俄然、やる気が湧いて来てしまった様でありました。

早く、『手旗』を手にとって、旗を振ってみたくて、仕方が無い様でありました。(^^;

ここで、ちょっと、補足をしておきたいと思います。

海軍省に、採用されてからでありますが、

・種々改良を加えた上で海軍信号規程として整備された。

・国民皆兵時代になり全国的に普及された。

・商船、漁船を問わず『手旗信号法』が一般船舶間で利用された。

・1931年(昭和6年)逓信省が告示し、日本船舶手旗信号法が制定された。

・1952年(昭和27年)運輸省が告示し、日本船舶信号法が公布され現在に至る。

とまぁ、様々な変遷はありますが、海軍省~逓信省と渡り、自衛隊は軍隊ではありませんから、防衛庁に返す訳にも行かず、結局、運輸省に落ち着いたのでしょうね。

今現在で言いますと、『国土交通省』になるのでしょうか。

そうしますと、今現在の『手旗通信法』の管轄は、『海上保安庁』と言う事になってしまいますね。(^^;

なかなか、本当に、厄介な話です。

元は、海軍ですから、海上自衛隊が歴史を持っているのに、それを管理しているのは、『海上保安庁』であると言う、とても、嫌~な、話になってしまいますね。(^^;

この辺りは、戦後の日本の、官僚主義の政治による、とっても捻れた、湾曲してしまった、おかしな現実の中に、『手旗信号法』が、捲き込まれてしまっていると思います。

それもまぁ、今現在の、日本の政治を観ていれば、仕方が無い事なのでしょうね。

本当に、この国は、何処まで、馬鹿な国になってしまうのでしょうか!

ボーイスカウトの指導者と同様に、情けなくって仕方がありません!(>_<)!

おっと、話がずれてしまいました。

実は、『海上保安庁』にも、同期生がいます。

と言う事で、今度は、『海上保安官』に、話を聞いてみたいと思います。

ですが彼は、1級無線技術士だからなぁ。(^^;

何となく、様相が異なる気がしています。

さぁて、超、やる気になりました、『きゃさりん副長。』ですが、『手旗』の実技は、一体全体、どの様な感じだったのでしょうか!

実は、『手旗』の『技能訓練』ですが、この後、延々と終わり無く、続いてしまう事になってしまうのでありました。(^^;

(つづく・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

『25年前の今日。』(^-^)/ (今現在)

今から25年前、昭和60年 4月10日の事である。

流石に、曜日までは覚えてはいない。

但し、天気は、晴天であった。

その時は、防衛庁にいた。

六本木の、一等地である。

今では、東京ミッドタウンとなってしまい、防衛庁の面影は、全く無いであろう。

残っているのは、檜町公園だけであろうか。

その10年前、昭和50年 4月10日に、私は、陸上自衛隊 少年工科学校に、陸上自衛隊生徒 第21期生として、入校をした。

それから、自衛官として、丁度、10年の、節目の日でもあった。

家にいるのが嫌で、家の仕来たりが嫌で、家の雰囲気が嫌で、家の食事が嫌で、とにかく、家を出たかった。

それに、普通の高校生活などは、全く、送りたくもなかった。

とにかく、人と同じ事をするなどとは、考えられなかった。

高校に行き、大学に行き、そして就職をする。

そんな事をして、一体全体、何になるのだと思っていた。

また中学の担任からは、

『君は、日大三島高校に行けば良いんだ。それでそのまま、大学に行けば良いんだ。』

と言われていた。

その、決め付けられた言葉に対しても、猛反発をしていた。

とにかく、全てが嫌だった。

そこから抜け出したかった。

陸上自衛隊 少年工科学校は、そんな私にとっては、格好の場所であった。

少年工科学校を卒業後は、航空学校を卒業し、東部方面ヘリコプター隊、中央基地通信隊を経て、防衛庁 檜町警備隊本部に、辿り着いていた。

本当に、楽しい日々であった。

まるで、水を得た魚の様に、動き回っていた。

自衛官としての時代は、毎日が、全て、充実していた。

職務も、食事も、そして、東京理科大学にも通学をし、野球・空手・銃剣道・格闘道、等々。

本当に、楽しかった。

申し分の無い、生活であった。

私は、自衛官として、そのまま、過ごすものだと、思っていた。

とにかく、そんなにも居心地の良い場所を、離れるなどとは、思いもしなかったのである。

行く行くは、北海道に行き、スキー三昧。

沖縄だって、何処だって、日本全国を駆け巡ってもみたかった。

とにかく、家に戻るなどとは、考えも及ばなかった。

父親が、木から落ちた。

下半身不随になるかも知れない。

3ヵ月は、絶対安静である。

その様に聞かされたのは、防衛庁に居た頃であった。

父親は、本当は、園芸農家をやりたかったらしい。

その先には、造園業を、営みたかったらしい。

通信教育で、造園業の2級の資格も取った。

しかしながら、そこから先には、進む事ができなかった。

それは、木から落下したためでは無かった。

資金も無ければ、その他の資格も無い。

人脈も無ければ、農業経営のセンスの欠片も無い。

それに、たかだか2級程度では、何もできないのである。

近所の皆様に頼まれて、植木屋さんの真似事を、するのが精一杯であった。

父親は、木から落ちた。

頭蓋骨も、背骨も折った。

骨盤まで折った。

私はその姿を観て、これはもう、駄目だと思った。

そう思うしか無かったのである。

その当時の、自衛官の退職については、依願退職の場合は、手続きに、相当な時間を要した。

それには、様々な事由があったからである。

詳しい事は、書き記せないが、辞令が出るまでには、3ヵ月ぐらいの、時間を要したと思った。

その頃は、パソコンは、出始めであったが、まだまだ、和文タイプの時代であった。

文書を一つ作るのにも、相当な時間を要した。

今でもそうであろうが、国の機関の文書規則は、物凄い量の文章によって、制約をされている。

それもまた、各省庁によって、違うのである。

陸上自衛隊の文書規則は、2cmほどの厚さの、立派な書籍になっていた。

尚且つ、取り扱い注意になっていた。

それに従って、文書を作成しなければならなかった。

総務科の皆さんは、本当に、苦労をしていた。

横目で観ていて、総務だけは、文書陸曹だけは、やりたくは無いと、思っていた。

そうして、私の退職申請が、なされて行った。

私は、何回か、長期の休暇を頂き、稲刈りなどで、家にも戻っていた。

ところがである。

何回目かの時に、父親が、退院をすると言う。

大丈夫、だと!

私は、途方に暮れた。

一旦、覚悟を決めたとは言え、本当に、がっかりとした。

がっかりとしたどころでは無かった。

その時の想いは、とても、表すことはできない。

とにかく、怒る気にもなれなかった。

ドクターや、家族や、その周囲の人間達は、諸手を挙げて喜んでいる。

私一人だけが、悲しんでいた。

何とか、東京理科大学を卒業できることが確定し、教授の斡旋で、就職先も決まっていた。

そして、その上、結婚まで決まっていた。

もう、後戻りはできなかった。

総務科の先任陸曹は、

『1年以内なら、戻って来る事ができる。』

『7月の人事異動が過ぎたら、直ぐに申請を出せ。』

とまで言ってくれた。

しかしながら、全てが、退官確定の方向に、進んでいた。

結婚が、絡んでいた。

奥様になってくれる方は、婦人自衛官(当時の呼称:現在は、女性自衛官)であった。

それで、富士学校への転属も決まっていた。

もう、私一人での、話しでは無かったのである。

父親の木からの落下が、とても多くの、非常に多くの人々の、人生を、巻き込んでしまった。

後戻りはできない。

本当に、複雑な心境であった。

今考えてみると、ひょっとしたら、『覚悟』はできていなかったのではないのかと、思ってしまう。

いやきっと、『覚悟』はできていなかった様に思う。

後ろ髪は引かれていたであろう。

心は、六本木。

想いは、防衛庁。

それを無理矢理に、心の中に、閉じ込めていたと思う。

就職決定。

結婚決定。

新住居決定。

奥様の転属決定。

どれもこれも、破棄にする訳には行かなかった。

どれもこれも、実行を、するしか無かった。

そこで、自分自身が喜んでいると言う、演技をするしか無かった。

それによって、自分自身を、納得させる以外に、無かった様に思う。

実に情けなく、悲しく、空しいことであった。

決して、父親のせいにはしたくは無い。

だけれども、あの父親は、本当に、大事な時、ここぞと言う、大チャンスの時に、必ず何かをやらかしてくれていた。

必ず、大ピンチを作ってくれた。

今でも、不動産の関係で、ピンチを負わされている。

仕方が無いのだ。

とにかく、仕方が無いのだ!

父親なのだ。

仕方が無いのである。

だけれども、諦めがつかないし、踏ん切りもつかないし、覚悟もできない。

その昔、高校受験の頃であったろうか。

受験の面接で、

『尊敬する人は?』

と聞かれたら、

『父親です。』

と、答えなさいと、教え込まれた事があった。

私は、とてつもなく、怪訝に思っていたが、まぁ、先生が言うのだから、それに従っておこうぐらいの気持ちで、あまり深くは考えなかった。

しかしながらそれを、今は、とてつもなく、後悔をしている。

どうして、父親を尊敬しているなどと、心にも無い事を言ってしまったのか。

それが、その事が、そもそもの、自分自身の心の眼の、曇りの始まりであったのかも知れない。

父親の事は、残念ながら、全く、尊敬などしていない。

菩提寺の住職と大喧嘩をし、それはまだ良いが、それですぐさま、墓を引っ越してしまった。

そうしたらその翌年に、亡くなってしまった。

何をやっているんだと、いつも思ってしまう。

本当に、悲しくなってしまう。

そんな事はともかくとして、4月10日は、少年工科学校への入校日でもあり、自衛官を退官した日でもある。

今、2分の1世紀を生きた。

そしてその半分の25年前、もう、25年にもなってしまうのか。

だけれども、一つ一つ、鮮明に覚えている25年前。

その日に私は、自衛官を、退官してしまったのである。

今までは、そんなには、気にはしていなかったが、25年の節目を考えたら、一挙に、想いが巡ってしまった。

4月には、記念と記憶に残る日が、随分と、多い様な気がする。

(おしまい!)(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お茶・茶道 | しじみ | アウトドア | アニメ・コミック | ウッドバッジ実修所 | ウッドバッジ研修所 | オリジナルキャプ | カブ隊 | キャンプ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | スカウトハウス | スポーツ | トレーナー | ニュース | ハム & ペン | パソコン・インターネット | パワースポット | ビーバー隊 | ファッション・アクセサリ | プロジェクト | ベンチャー隊 | ペット | ペリカン便 | ボランティア | ボーイスカウト | ボーイスカウト清水町第1団 | ボーイスカウト講習会 | ボーイスカウト駿東地区 | ボーイ隊 | ローバー隊 | 中国地方 | 中央基地通信隊 | 九州 | 伯備線 | 伯耆富士 | 住まい・インテリア | 佛教 | 佛教章 | 信仰 | 出雲国造 | 出雲大社 | 出雲市 | 出雲市駅 | 十三湖 | 回想 | 因幡の白兎 | 団本部 | 国宝 | 国際 | 地震災害 | 境港市 | 大山 | 天満宮 | 奉仕 | 子供の遊び | 学問・資格 | 安来市 | 宍道湖 | 宗像大社 | 宗教章 | 定型訓練 | 富士山 | 富士章 | 審判員 | 審判委員 | 審判部 | 少年工科学校 | 少年術科学校 | 山陰本線 | 岡山駅 | 島根県 | 幼少期 | 幼稚園 | 広報 | 広報活動 | 御朱印 | 心と体 | 恋愛 | 技能章 | 携帯・デジカメ | 救急法 | 文化・芸術 | 新幹線 | 新聞記事 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 月山富田城 | 東京理科大学 | 東日本大震災 | 東部方面ヘリコプター隊 | 松江城 | 松江市 | 松江駅 | 柿田川 | 柿田川湧水 | | 梛の木 | 檜町警備隊本部 | 海上自衛隊生徒 | 清水中学校 | 清水小学校 | 清水町 | 湘南高校 | 災害派遣 | 熊谷基地 | 特急『やくも』 | 生い立ち | 神道 | 神道章 | 第四術科学校 | 米子市 | 米子空港 | 経済・政治・国際 | 美保基地 | 美容・コスメ | 育児 | 自衛隊 | 自衛隊生徒 | 航空学校 | 航空教育隊 | 航空生徒隊 | 航空自衛隊 | 航空自衛隊生徒 | 航空通信修理 | 芸能・アイドル | 表敬訪問 | 赤猪岩神社 | 趣味 | 足立美術館 | 身体障害者 | 車椅子 | 野球 | 銃剣道 | 防衛庁 | 陸上自衛隊 | 陸上自衛隊生徒 | 隼章 | 音楽 | 高校野球 | 高等工科学校 | 鳥取県 | 鳥取県南部町 | Facebook