カテゴリー「広報活動」の1件の記事

2016年6月15日 (水)

『言葉が届かない?』(>_<)!

(# 010)

おはようございます!(^o^)/

【言葉が届かない?】(>_<)!

(※注:新聞記事は、平成28年3月31日(木)のものです。)


1990年代、当町内に、まだ、5個団が存在していた頃の話しです。

新聞社への取材依頼や、町広報係への広報協力依頼、町広報紙への掲載依頼など、その5個団が、バラバラに依頼をしていました。
そのため、取材日程のバッティング、取材内容の重複、取材の追加依頼、取材内容の変更依頼など、そりゃもう、かなりの目茶苦茶な状況でありました。(^^;

それを見兼ねました、当時の『社会教育課(現:生涯学習課)』の係長だった、中学校時代の先輩が、
「(取材依頼を)統一できないの?
 まとめられない?
 一つの系統にしてくれると、混乱が起きなくて、面倒が無くて良いんだけどさぁ。」
と、私に相談を持ち掛けてまいりました。

しかしながら、私が動く訳にもいかず、5個団の団委員長の皆様にお話をしていたところ、突如として、5個団統合の話しが持ち上がり、結果的には、バラバラだった取材依頼等は、自然に一系統となってしまったのでありました。(^^;

また、その当時の係長からは、
「新聞社にはさぁ、こちらから(取材依頼等を)しても良いよ。」
との提案もありました。

よくよく話を聞いてみますと、
・新聞記者が、月曜日には、必ず(町役場に)立ち寄る。
・新聞社と、町広報係とは、かなりの連携がある。
・取材内容にもよるが、新聞に掲載して貰うだけでなく、町広報誌にも掲載したい時がある。
などなど、新聞記事と、町広報誌の内容の整合性も図りたい考えもあった様でした。

そこで、その先輩のご配慮のお陰で、今現在は、取材依頼等については、
『団 ⇔ 生涯学習課 ⇔ 町広報係 ⇔ 新聞社』
と言う、系統を取っています。

一見すると、時間が掛かりそうで、また、厄介そうで、面倒臭そうですが、これがなかなかのものでありまして、慣れてしまって、機能しだしますと、とても楽なのです。
また、町に於いては、人事異動があっても、その申し送りは、きちんと為されてる様でして、とっても有難く思っています。(^-^)/ Photo
さて、年代は、2000年代に入ります。

2008年頃までだったでしょうか。
新聞社の記者さんは、女性の方でした。
2~3年は、お付き合いをして頂いたと思います。
取材内容は細かく、かなり、微に入り細に入り、質問をしてくださったことを覚えています。
ボーイスカウト運動に対しての理解も深くなり、面白がって、私や『きゃさりん副長。』、そして、スカウト達の話しを、よく聴いてくださいました。
何でも、その記者さんの、小学校、中学校時代には、
「クラスには、2~3人のボーイスカウトがいた。
 一体全体、何をしているのだろうと、とても興味があったが、その頃は、話を聞いても、何も解らなかった。
 今は、話を聞いて解かるし、理解ができ、納得ができ、話しが面白いし、(小学校、中学校時代のもやもやが晴れて)嬉しい。」
と、その様なことを述べられていたと思いました。


そして、2013年頃までは、今度は、男性の記者さんでした。
こちらの方も、小学校、中学校時代には、クラスにボーイスカウトがいたと言われていました。
「何となく、(何をやっていたか)解かるんだけど、半袖・半ズボンから(ユニフォームが)変わってしまったので、違和感がある。
 キャンプや、(緑の)募金が、(活動の)主体であったと認識していた。
 その自分の記憶と違って、(富士章や進歩制度を知って)とても驚いている。
 プロジェクト(報告書)なんて、大学の卒論みたい!」
と言う様なことを言われ、スカウト達の話しを、熱心に、興味深く、一つ一つ、きちんとしっかり聴かれ、取材が、30分以上に及んだこともありました。(^^;


そうして、ここ2~3年の、近年に至る訳ですが、突如として、状況は一変します。

記者さんが、かなり若返ったと言うこともあるのでしょうが、今回の、女子スカウトの『町長表敬訪問』の際には、

「ボーイスカウトというものが、あるのは知っている。
 奉仕や、アウトドアをする団体だと認識している。
 (小学校や、中学校時代は)ボーイスカウトは見たことが無い。
 (当然)学校や地域、近所には、(ボースカウトは)誰もいなかった。
 (富士章の)資料を頂いたが、あまりよく理解できない。
 (ユニフォームは)初めて近くで見た。
 (制服と言うと)何となく、軍隊っぽい。」

などなど、こちらとしましては、ある程度の予想はしていたものの、驚きの連続となってしまった、お話を頂戴しました。(>_<)!


ん゛~!

やっぱり!

そうなんだろうなぁ~!


私と『きゃさりん副長。』は、これは、
「どげんかせんといかん!」
と、思いまして、

・「青少年のための、世界的教育運動」
・「年代に応じた5つの部門(隊)がある」
・「3つの「ちかい」と、8つの「おきて」の日々の実践」
・「(ビーバースカウトからの)進歩制度」
・「班制教育」
・「野外(戸外)を教場とする」
・「教育の4本の柱」
・「シンボルの活用」

など、とりあえず、私が作成した資料を提示しながら、説明を試みてみました。


しかしながら!


記者さんにとりましては、とてもではないですが、頭の中に浸透して行く様な、言葉では無かったのだと思います。
まぁ、新聞紙面の都合もあったのだと思いますが、やはり、
『(富士章は)奉仕活動で地域に貢献したことが認められた。』
と言うところに、落とし所を持って行かれた様でした。 Photo_2
私と『きゃさりん副長。』は、その新聞記事を読みながら、新聞記者さんだけではなく、今現在の社会には、私達の概念的なものは通じないと思い、

・「ボーイスカウト講習会で、使用する様な言葉は通用しないので、別の言葉を探す。」
・「奉仕団体と言う概念は、拭い去れない。」
・「ならば、奉仕について、もっともっと魅力が発生する様な、派手(?)な奉仕の、より具体的な内容を提示する。」
・「奉仕の貢献度について、年数など、具体的に数値で示す。」
・「奉仕の評価について、町などから助言を貰う。」
・「アウトドア団体と言うのであれば、探検旅行の内容など、ワクワク、ドキドキするものを提示する。」
・「スカウト達が参加したジャンボリーなど、大きな大会の、愉しかった思い出話や、ハプニングなどの内容を提示する。」
・「特技など、スカウト自身の、身に付いた知識や技能など、より具体的に、スカウト達に話して貰う。」
・「スカウト達の技能が、どの様に役立っているのか、また、役立つのかを伝える。」
・「仲間(班員や、先輩、後輩など)との交流の愉しさを、スカウト達に話して貰う。」
・「全国、全世界のスカウト達との交流(NJ、WSJ、JOTA/JOTIなど)の醍醐味を、スカウト達に話して貰う。」

などなど、多くのことを話し合いました。

また、その話には、先輩富士スカウト達にも加わって貰い、
『社会の皆様に、私達の運動(活動)を理解して貰うためには、また、話しを受け入れて貰うためには、どの様な言葉を使用したら良いのか?』
と言うテーマを掲げ、今も、話し合いは、続行中であります。(^^;


結局のところ

「ボーイスカウトは、奉仕団体ではない!
 ボーイスカウトは、アウトクラブ団体ではない!
 ボーイスカウトは、必ずボランティアをする訳ではない!」

と言う様な言葉は、全く響かず、届かず、聴き入れては貰えないと言うことなのでしょう。

ならば、最早、それを逆手に取って、「奉仕」と「アウトドア」で売り出した方が早いのかも知れませんね。(^^;


『言葉よ! 届けぇ~!』(^o^)/


私と『きゃさりん副長。』の『悶々』は、まだまだ、続いていたのでありました。(^^;



皆様、今日も、好い一日をお過ごしくださいませ!(^-^)/


(つづく。)(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お茶・茶道 | しじみ | とっとり花回廊 | アウトドア | アニメ・コミック | アマチュア無線 | ウッドバッジ実修所 | ウッドバッジ研修所 | オリジナルキャプ | カブ隊 | キャンプ | ギャンブル | クルーズ客船 | グルメ・クッキング | ゲゲゲの女房 | ゲゲゲの鬼太郎 | ゲーム | スカウティング | スカウトハウス | スタンプラリー | スポーツ | トリックアート | トレーナー | ニュース | ハム & ペン | パイロット | パソコン・インターネット | パワースポット | ビーバー隊 | ファッション・アクセサリ | プロジェクト | ベタ踏み坂 | ベレー帽 | ベンチャー隊 | ペット | ペリカン便 | ボランティア | ボランティアガイド | ボーイスカウト | ボーイスカウト清水町第1団 | ボーイスカウト講習会 | ボーイスカウト駿東地区 | ボーイ隊 | ローバー隊 | 一畑電車 | 中国地方 | 中央基地通信隊 | 中海 | 九州 | 伯備線 | 伯耆富士 | 住まい・インテリア | 佛教 | 佛教章 | 信仰 | 全日本タワー協議会 | 写真撮影 | 出雲そば | 出雲国造 | 出雲大社 | 出雲市 | 出雲市駅 | 出雲観光協会 | 制服 | 北島国造館 | 十三湖 | 回想 | 因幡の白兎 | 団本部 | 国宝 | 国引き神話 | 国際 | 地震災害 | 基本動作 | 境港 | 境港市 | 境港竹内工業団地 | 境線 | 夢みなとタワー | 大国主大神 | 大山 | 天満宮 | 奉仕 | 妖怪 | 子供の遊び | 学問・資格 | 安来市 | 宍道湖 | 宗像大社 | 宗教章 | 定型訓練 | 富士山 | 富士章 | 審判員 | 審判委員 | 審判部 | 少年工科学校 | 少年術科学校 | 山陰本線 | 岡山駅 | 島根半島 | 島根県 | 島根3部作 | 左下肢装具 | 幼少期 | 幼稚園 | 広報 | 広報活動 | 弓ヶ浜半島 | 御朱印 | 心と体 | 恋愛 | 技能章 | 投票 | 携帯・デジカメ | 救急法 | 文化・芸術 | 文化財 | 新幹線 | 新聞記事 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 旧制服 | 旧大社駅 | 映画 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 月山富田城 | 東京理科大学 | 東日本大震災 | 東部方面ヘリコプター隊 | 松江城 | 松江市 | 松江駅 | 柿田川 | 柿田川湧水 | | 梛の木 | 檜町警備隊本部 | 母親の癖 | 水木しげる | 水木しげるロード | 水木しげる記念館 | 江島大橋 | 海上自衛隊生徒 | 清水中学校 | 清水小学校 | 清水町 | 湘南高校 | 災害派遣 | 熊谷基地 | 特急『やくも』 | 生い立ち | 神道 | 神道章 | 第四術科学校 | 米子市 | 米子空港 | 米子駅 | 米子鬼太郎空港 | 経済・政治・国際 | 美保基地 | 美保湾 | 美容・コスメ | 老眼 | 育児 | 自衛隊 | 自衛隊生徒 | 航空学校 | 航空教育隊 | 航空生徒隊 | 航空自衛隊 | 航空自衛隊生徒 | 航空通信修理 | 芸能・アイドル | 表敬訪問 | 視力 | 視力検査 | 赤猪岩神社 | 趣味 | 足立美術館 | 身体障害者 | 身体障害者手帳 | 車椅子 | 運転免許証 | 運転免許証更新 | 選挙 | 重要文化財 | 野球 | 釣り | 銃剣道 | 防衛庁 | 陸上自衛隊 | 陸上自衛隊 陸曹航空操縦学生課程 | 陸上自衛隊生徒 | 隼章 | 音楽 | 駅弁 | 高校野球 | 高等工科学校 | 鳥取県 | 鳥取県南部町 | 3Dフィギュア | 3Dプリンター | Facebook