カテゴリー「パワースポット」の2件の記事

2017年6月21日 (水)

『ボン・ヴォヤージュ!』(^-^)/

(出雲市・米子市 訪問:その32)


(※注:平成29年5月4日(木・祝)の記憶です。)


おはようございます!(^o^)/


【ボン・ヴォヤージュ!】(^-^)/


(ペン)「ん゛?
     何だろ?
     ガイドさんが、何か探してるよ。
     落とし物なのかなぁ。」

(ハム)「そうだね。
     だけど、葉っぱを拾っては、とっても丹念に、
     観ているよね。」

(ペン)「どうしたのかなぁ。
     おデブ隊長は、何をしているのか、
     判っているのかなぁ。」

(ハム)「いいや、多分、判っていないと思うよ。
     ここは、ガイドさんの、説明を待とうよ。」

(ペン)「そうだね。
     その方が良いよね。」

(ハム)「おやぁ、ガイドさんが、
     『きゃさりん副長。』に、拾った葉っぱを、
     手渡したよ。」 Img_5490
(ペン)「小さな、葉っぱだねぇ。」

(ハム)「えっとねぇ。
     『梛(なぎ)』って、言うんだって。」

(ペン)「へぇ~。
     初めて聞くかも。
     それで、それは、何なの?」

(ハム)「ガイドさんの話によると、
     『縁結びの木の葉』なんだって!」

(ペン)「え゛え゛~!
     『縁結びの木』なんてものがあるのぉ?」

(ハム)「『本殿』の裏側の、『瑞垣』周辺から、
     『素鵞社』の手前に掛けて、植えられて
     いるんだって。」

(ペン)「ほぇ~!
     俺達だけだったら、全く、気づかないよねぇ。」

(ハム)「その通りだよね。

     『梛』は、『椥』・『竹柏』とも書くんだって。
     銀杏の様に、雄と雌の木があるんだって。

     熊野神社や、熊野三山系の神社では、
     ご神木とされていて、雄雌一対が、
     参道に植えられているんだって。

     奈良の『春日大社』には、国の天然記念物に
     指定されている『竹柏(なぎ)』の、
     樹林があるんだって。

     樹林の殆どが、『竹柏』の木だけというのは、
     世界的にも、とっても珍しいんだって。

     それはね。
     鹿が、『竹柏』を、食べなかったことと、
     ご神木として、大切にされて来たからじゃ
     ないかって。」

(ペン)「へぇ~!
     でもさ。
     俺が知ってるご神木は、『榊』なんだよねぇ。
     何が違うの?」

(ハム)「えっとねぇ。
     ガイドさんが、説明してくれている。

     神事には、古くから、常緑植物が使われて
     いたんだって。
     『榊』も、古くから、神事に使われていたん
     だけど、庭先に植えて、庭木として使われて
     いる内に、身近にあって、先が尖っている
     特徴から、神事に相応しいと考えられ、
     『榊』が、主に、使われる様になったんだって。

     だけど、『榊』の代わりに、『梛』を、
     神事に用いる神社は、日本各地に、
     沢山あるんだってよ。」

(ペン)「ふぅ~ん。
     そうなんだぁ。」

(ハム)「それでね。
     『梛』は、常緑樹なんだけど、古い葉や、
     弱った葉は、落ちる前に、黄葉するんだって。」

(ペン)「そっかぁ!
     だから、『きゃさりん副長。』の、
     手の平の葉っぱも、黄色くなっているんだぁ。」

(ハム)「ガイドさんが、その葉っぱを、
     よぉ~く、観て欲しいって。

     『葉脈は、主脈が無くて、縦方向にのみに、
      伸びているでしょ。』

     って!」

(ペン)「あ゛あ゛~!
     ほんとだぁ!」

(ハム)「普通の葉っぱは、引っ張ったりすると、
     葉脈を境に、色々な方向に、千切れちゃうでしょ。

     だけど、『梛』の葉は、葉脈の方向の、
     縦方向に引っ張ったら、まず、
     千切れないんだって。

     だからね。
     千切れないと言うことで、『梛』の木に、
     縁結びの願掛けをしたリ、『梛の葉』を、
     お守りにするようになったんだって。

     その昔は、女性達が、鏡の裏側に、
     『梛の葉』を忍ばせておいたんだって。
     それで、夫婦の縁が切れないようにも、
     願ってたんだって。」

(ペン)「そっかぁ!
     だからかぁ!
     『縁結びの木』って、言われるんだね!」

(ハム)「その通り!
     あとね。
     『釜社』と同じ様に、男女の縁だけでなくて、
     大切な人と、ご縁を結ぶ、
     という意味もあるんだって。

     それで、商売繁盛のご利益を、
     授けてくれるとも言われているんだって。」

(ペン)「すんげぇ~!
     何処も彼処も、パワースポットだらけじゃん!」

(ハム)「こんな話もあるんだよ。
     俺達の、地方の話しだよ。

     韮山の、『蛭ヶ小島(ひるがこじま)』に、
     流刑になっていた『源頼朝』と『北条政子』が、
     『伊豆権現(伊豆山神社:いずさんじんじゃ)』
     で、逢瀬を重ねていたんだって。」

(ペン)「それって、デートのこと?
     逢引の方が、良い?」

(ハム)「まぁ、どっちだって良いけどぉ!

     それでね。
     伊豆権現の境内に、『梛』の木があって、
     その木の下で、『源頼朝』と『北条政子』は、
     逢瀬を重ねていたんだって。

     結局、二人は、結ばれることになるんだけど、
     二人は、『伊豆権現』の、『梛の葉』を、
     変わらぬ愛の証に、持ち続けていたんだって。」

(ペン)「ひょえ~!
     それって、もろに、
     『縁結びの木』ってことじゃん!

     俺なんかさぁ。
     社会科見学で、『蛭ヶ小島』とかさぁ。
     『韮山反射炉』や、『江川邸』、
     『政子の産湯の井戸』ぐらいしか、
     連れて行って貰ったことしかないもん。

     だからさぁ。
     『伊豆山神社』のことなんか、
     全く知らなかったよ。」

(ハム)「まぁ、そう言うなよ。
     俺だって、同じなんだから。
     あとね。
     もう一つ、話があるって、
     ガイドさんが言ってる。」

(ペン)「え゛っ!
     まだ、話があるの?」

(ハム)「『凪』って、知ってる?」

(ペン)「あぁ。
     波が無くって、海面が、静かなことだろ。」

(ハム)「そうなんだよ。
     『梛』の読みを、『凪』に掛けたんだって。

     古来から、船乗りや漁師が、波の穏やかな
     状態を願って、『梛の葉』を、航海や、漁の、
     安全祈願のお守りにしたんだって。」

(ペン)「げぇ!
     『縁結び』の次は、
     『ボン・ヴォヤージュ』だってぇ?
     『梛の葉』って、超~、万能じゃん。」

(ハム)「それでね。
     また、歴史の話しなんだけどぉ。

     和歌山県の、『熊野三山』のひとつで、
     『熊野速玉神社』には、古くから、海の神と、
     漁業の神の信仰があるんだって。

     それで、『熊野速玉神社』には、『平清盛』の
     子の、『平重盛』の手植えとされる、推定で、
     樹齢1,000年の、『梛の大樹』が
     あるんだって。
     その樹は、国の天然記念物に指定されて
     いるんだって。

     『熊野速玉神社』では、『梛の実』で
     お守りを作っていて、『家内安全』・『縁結び』
     ・『海上安全』の、お守りとされて
     いるんだって。

     それとね。
     『全ての苦難を、なぎ払う!』
     と言うことで、海の安全以外にも、
     様々な安全のお守りとされているんだって。

     だから、樹齢1,000年の、『梛の大樹』は、
     とっても大切にされているんだって。」

(ペン)「何だかなぁ。
     『源氏』と『平家』、それぞれが、
     『梛』の木に関わっているなんて。
     何だか、とっても不思議だよね!」

(ハム)「そうだよねぇ。
     俺も、そんなに、奥深い話しだとは、
     全く思わなかったよ。」

(ペン)「そうだよぉ!
     だってぇ、たったの、葉っぱ、一枚の
     話しじゃん!」

(ハム)「ちょっと待った!
     その発言はいけない!
     神様に聞こえたら、パワーが無くなっちゃう
     かも知れないぜ!」

(ペン)「やばぁ~!
     今の発言、取り消しです!」

(ハム)「結局のところ、『梛』の木は、人生の航海、
     そして、実際の航海も、守ってくれているって、
     ことなんだろうなぁ。」

(ペン)「やっぱり、葉っぱ一枚でも、物凄い力を、
     秘めているってことなんだね。」

(ハム)「ところでさぁ。

     おデブ隊長に、教わったけど、
     『常緑広葉樹』とか、『常緑針葉樹』とか、
     あるじゃん。

     それでさ。
     『梛』の木は、何だと思う?」

(ペン)「え゛っ。
     さっき、常緑樹って、言ってたじゃん。
     当然、『常緑広葉樹』に、決まってんじゃん。」

(ハム)「へっへっ~!

     やっぱり、ガイドさんの話を、
     きちんと聴いていなかったんだね。
     これでも、『針葉樹』なんだってよ。」

(ペン)「げぇ~!
     そんなのずるいよぉ。
     ハムの耳、自由に動くし、
     聴こえ過ぎるんだよぉ!」



(つづく・・・。)(^^;



皆様、今日も、好い一日をお過ごしくださいませ!(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

『超~強力、パワースポット!』(^-^)/

(出雲市・米子市 訪問:その31)


(※注:平成29年5月4日(木・祝)の記憶です。)


おはようございます!(^o^)/


【超~強力、パワースポット!】(^-^)/


(ペン)「わぎゃぁ~!
     なんだよぉ!
     この大行列はぁ!」

(ハム)「ありゃま!
     本当だ!

     『瑞垣』の、西の端の、
     そのまた先まで繋がってる。
     物凄い人だよねぇ。

     軽く、200m以上は、
     繋がっているんじゃないのぉ?」

(ペン)「一体、どうなってんのぉ?
     通り抜けできるのかなぁ。
     早く、ガイドさんに聞いてみてよぉ!」 Img_5489
(ハム)「うん。
     分かった。

     えっとね。
     ここは、『素鵞社(そがのやしろ)』って、
     言うらしい。

     それでね。
     ここには、熱田神宮にある、『草薙の剣』で、
     『ヤマタノオロチ』を退治した、
     『須佐之男命(スサノオノミコト)』が、
     祀られているんだって。」

(ペン)「おや?
     なんか、聞いたことがある。」

(ハム)「超、有名なお話だよ。
     それで、『須佐之男命(スサノオノミコト)』は、
     『天照大御神』の弟で、『大国主大神』の、
     何世代か前の、お父さんなんだって。」

(ペン)「『天照大御神』って、神宮の内宮の?」

(ハム)「うん。
     そうだよ。

     だから、『須佐之男命(スサノオノミコト)』は、
     一時期、出雲大社の、主祭神になったことも
     あるんだって。

     それは、江戸時代の話しみたいだけど、結局は、
     出雲大社が創られた時の主祭神は、
     『大国主大神』だったので、
     元に戻したらしいよ。」

(ペン)「ひょぇ~!
     そんなに、コロコロと、
     神様を代えちゃっても良いものなのぉ?」

(ハム)「まぁ、時代背景と言うか、時の権力者によるもの
     とか、色々とあるから、仕方ないんじゃない。

     それでね。
     『須佐之男命』は、行く所が、
     無くなっちゃったじゃん。

     だから、造られた年代は、よくは判っていないん
     だけど、『素鵞社』を造って、ご本殿から、
     『須佐之男命』の御神体を、遷座したと
     考えられているんだって。」

(ペン)「そっかぁ。
     『須佐之男命』は、危うく、
     浮浪者になっちゃうとこだったよね。
     『素鵞社』を造って貰って、良かったじゃん!」

(ハム)「そうだね。
     おっと!
     ガイドさんが、何か説明しているよ。

     『素鵞社』は、ねぇ。
     ご御本殿の、背後の山、八雲山の手前の、
     森の中に位置してるんだって。」

(ペン)「やくもやまぁ~?
     ひょっとして、あの『特急やくも』なのぉ?」

(ハム)「そうだね。
     それで、八雲山は、聖の山だから、
     入っちゃダメなんだって。

     あとね。
     『素鵞社』は、ご本殿よりも、一段、
     高いところにあるんだって。

     それで、ご御本殿を、見下ろしている様にも
     見得るし、何となぁ~くだけど、
     『大国主大神』を、見守っている様な、
     監視している様な、そんな感じにも
     受け取れるけど、本当のところは、
     はっきりとは、解からないんだって。」

(ペン)「ふぅ~ん。
     でもさ。
     『須佐之男命』は、主祭神じゃぁ、
     無くなっちゃったから、やっぱり、心境は、
     とっても、複雑なんじゃない?」

(ハム)「そうかもね。

     それでね。
     『素鵞社』は、超~、強力な、パワースポット
     だって、ガイドさんが言ってる。」

(ペン)「ぱわーすぽっとぉ?」

(ハム)「目にはみえない、不思議な力が、
     漲っている場所、と言うことかな。

     そこに行くと、エネルギーが、
     身体に漲る感じがしたリ、気力が漲ったり、
     とっても元気になったり、
     気持ちが楽になったり、心が癒されたり、
     願いが叶ったりする、不思議な場所なんだよ。

     大体、『出雲大社』自体が、パワースポット
     なんだけど、その中でも、一番、強力なのが、
     『素鵞社』って、言われてるんだって。

     だから、実を言うと、『素鵞社』が、
     一番人気なんだって。

     それで、この大行列が、いっつも、
     できちゃうんだって。

     ただし!
     あくまでも。『拝殿』で、きちんと
     参拝してから、『素鵞社』に来るのが、
     約束事みたいだよ。」

(ペン)「ひょぇ~!
     そんなに、凄いところなんだ。

     だから、こんなに、一杯沢山、
     人が並んでいるんだ。

     だけどぉ、何も感じない、俺って、
     鈍感なのかなぁ。」

(ハム)「いや、そう言う訳じゃないみたいだよ。
     その場所に行ったからって、直ぐに、
     効果が表れる訳じゃないみたいだよ。

     自宅に戻って、感謝の心で、日々、きちんと、
     生活すればの、話しみたいだよ。」

(ペン)「そうなんだ。
     時間が、掛かっちゃうんだ。
     何だか、俺は、パワースポットに、
     行ったこと自体を、忘れそうだよ。」

(ハム)「全くもう、しょうがないなぁ。
     今さ、ガイドさんが、パワーの例を、話してる。

     まずね。
     『素鵞社』には、『稲佐の浜』の砂が、
     社殿の床下に、奉納されているんだって。

     『稲佐の浜』は、出雲大社の西、
     約1kmの所にあって、徒歩で、15分位だって。

     そこは、『神有月』に、『八百万の神』をお迎え
     する、とっても、神聖な場所なんだって。

     だけど、夏は、とっても素晴らしい、
     海水浴場に変身するんだって。

     で!

     『稲佐の浜』の砂を奉納して、一年間、
     置いてから持ち帰ると、厄除けなどの御利益が
     あるって、言われているんだって。

     それから、その砂を、家の周りの、東西南北に
     撒いて、邪気を祓ったり、田畑に、その砂を
     撒くと、五穀豊穣の、ご利益を得られるとも、
     言われてるんだって。」

(ペン)「お゛お゛~!
     それは凄い!
     早速、奉納しようぜ!」

(ハム)「そりゃぁ、無理だよ。

     まず、砂を取りに行かなきゃなんないし、
     この行列に、並ばなきゃならないし、それに、
     第一、来年、また、来られるかどうかも
     分からないじゃん!」

(ペン)「・・・・・。
     まぁ、そうだけどぉ・・・。」

(ハム)「ん゛?
     ガイドさんが、別の方法があるとか言ってる。

     えっとねぇ。
     次の、ルールを守れば良いって。
     そうしたら、直ぐに、砂を、
     持ち帰られるんだって!

     まずは、『稲佐の浜』まで行って、浜辺の砂を、
     採って来るんだって。
     それで、その砂を持って、『素鵞社』に、
     参拝するんだって。

     それから、『素鵞社』の殿舎の縁下に、
     砂を奉納するんだって。
     その時に、一年前の砂が、縁下にあるので、
     奉納した砂と、交換する形で、持ち帰っても
     良いんだって!」

(ペン)「凄いじゃん!
     持ち帰りが、可能なんだ。

     だけどぉ。
     おデブ隊長は、自由に動けそうにも無いしぃ。
     ここは、控えておいた方が、無難だよね。」

(ハム)「そうだね。
     ガイドさんも、次回は、是非、『稲佐の浜』で、
     砂を採ってから、参拝に訪れてくださいって、
     言ってるし。」

(ペン)「確かに、それが良いよね。」

(ハム)「おっと!
     絶対に、欲張っちゃ、駄目だよって、
     ガイドさんが言ってる。

     砂は、多目に奉納して、少な目に持ち帰る。
     そうすれば、みんなが、心豊かになれる。
     って、言ってるよ。

     それでね。
     『素鵞社』を、もう一度、よく観て欲しいって。

     お社の周囲を、ウロウロしている人が、
     沢山いると思うけど、まだまだ、
     強力なパワーが、あるんだって!」

(ペン)「お゛お゛~!
     何だか、凄そう!
     確かに、みんな、お社の周りをウロウロしている。
     一体、何があるんだろうね。」

(ハム)「『素鵞社』の裏に、巨大な岩が、あるんだって。

     その岩にも、『須佐之男命』が、宿っていて、
     そのパワーが、あまりにも強く、
     『須佐之男命』の波動で、岩に割れ目が、
     できちゃったんだって。

     その割れ目から、強力なパワー(波動)が、
     放出されているんだって。

     だから、みんな、『素鵞社』の裏に回って、
     その波動を、浴びに行くんだって。」

(ペン)「ひゃ~!
     凄いじゃん。
     何だか、ドラゴンボールみたいじゃん!」

(ハム)「ん゛?
     アニメとは、違うんだけどなぁ。

     えっとね。
     ガイドさんが、まだ、あるって言ってる。

     『素鵞社』への参拝後、社殿の裏側へ行って、
     社殿に肩を当てると、『肩こりが治る』って、
     言われているんだって。」

(ペン)「何と!
     肩こりまで、治しちゃうんだぁ。
     凄過ぎ、だよね!」

(ハム)「でもね。
     『重要文化財』だってことを、絶対に、
     忘れないで欲しいって。

     特に、社殿の裏に回る時は、細心の注意を払って、
     お社などに、傷を付けたりしない様にして
     欲しいって。

     そう、ガイドさんは、言ってる。」

(ペン)「確かに、解かる様な気がする。

     こんなにも、人が並んでいるけど、
     みんながみんな、きちんとしている人とは、
     限らないものね。

     それに、わざとじゃなくて、また、
     悪意が無くても、過失ってこともあるし。

     俺なんか、くちばしで、直ぐに、
     傷つけそうだもん。

     みんなで、伝統文化財を、守って行かないとね。
     じゃなきゃ、パワーを、貰えそうに無いし!」

(ハム)「お゛お゛~!

     ペン!
     良いこと言うじゃん!
     ひょっとしたら、その想いだけで、
     パワーが、貰えるかも知れないよ!」

(ペン)「ひゃっほぉ~!
     なんだか、パワーが漲って、ワクワクして、
     嬉しくなってきたぜぃ!」



(つづく・・・。)(^^;



皆様、今日も、好い一日をお過ごしくださいませ!(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お茶・茶道 | しじみ | アウトドア | アニメ・コミック | ウッドバッジ実修所 | ウッドバッジ研修所 | オリジナルキャプ | カブ隊 | キャンプ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | スカウトハウス | スポーツ | トレーナー | ニュース | ハム & ペン | パソコン・インターネット | パワースポット | ビーバー隊 | ファッション・アクセサリ | プロジェクト | ベンチャー隊 | ペット | ペリカン便 | ボランティア | ボーイスカウト | ボーイスカウト清水町第1団 | ボーイスカウト講習会 | ボーイスカウト駿東地区 | ボーイ隊 | ローバー隊 | 中国地方 | 中央基地通信隊 | 九州 | 伯備線 | 伯耆富士 | 住まい・インテリア | 佛教 | 佛教章 | 信仰 | 出雲大社 | 出雲市 | 出雲市駅 | 十三湖 | 回想 | 団本部 | 国宝 | 国際 | 地震災害 | 大山 | 奉仕 | 子供の遊び | 学問・資格 | 安来市 | 宍道湖 | 宗教章 | 定型訓練 | 富士山 | 富士章 | 審判員 | 審判委員 | 審判部 | 少年工科学校 | 山陰本線 | 岡山駅 | 島根県 | 幼少期 | 幼稚園 | 広報 | 広報活動 | 心と体 | 恋愛 | 技能章 | 携帯・デジカメ | 救急法 | 文化・芸術 | 新幹線 | 新聞記事 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 月山富田城 | 東京理科大学 | 東日本大震災 | 東部方面ヘリコプター隊 | 松江城 | 松江市 | 松江駅 | 柿田川 | 柿田川湧水 | | 梛の木 | 檜町警備隊本部 | 清水中学校 | 清水小学校 | 清水町 | 湘南高校 | 特急『やくも』 | 生い立ち | 神道 | 神道章 | 米子市 | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 育児 | 自衛隊 | 航空学校 | 芸能・アイドル | 表敬訪問 | 赤猪岩神社 | 趣味 | 足立美術館 | 身体障害者 | 車椅子 | 野球 | 銃剣道 | 防衛庁 | 陸上自衛隊 | 隼章 | 音楽 | 高校野球 | 鳥取県 | 鳥取県南部町 | Facebook