カテゴリー「因幡の白兎」の2件の記事

2017年7月20日 (木)

『お勧めの撮影方法!(その3(終))』(^-^)/

(出雲市・米子市 訪問:その55)


(※注:平成29年5月4日(木・祝)の記憶です。)


おはようございます!(^o^)/


【お勧めの撮影方法!(その3(終))】(^-^)/



(ペン)「全然、観得ないじゃん!
     どの辺りなのぉ?」

(ハム)「ん゛~!
     俺にも、観得ん!」

(ペン)「で!
     どこに、行こうとしてたんだっけ?」

(ハム)「げっ!
     何を言ってんだよぉ。
     『御慈愛の御神像』って、言ってたじゃん!」

(ペン)「あぁ~、そうか!
     『大国様』と、『因幡の白兎』だね。」

(ハム)「そうだよぉ。

     でも、『Wさん』が、

      『やっぱり、無理ですね。』

     って、言ってる。」

(ペン)「え゛~、そうなのぉ。

     それで、『御慈愛の御神像』は、
     どの辺りにあるの?」

(ハム)「『手水舎』と、『斎館・貴賓館』の、
     間ぐらいだって。」

(ペン)「ふぅ~ん。

     と言ってもさぁ。
     『手水舎』の周りは、人で一杯じゃん。

     あれじゃぁ、絶対に、通り抜けられないよぉ。
     石畳の上は、人が溢れているし、砂利の所も、
     人が一杯いるし。

     おデブ隊長は、絶対に、近寄れないよ。」

(ハム)「そうだね。

     『きゃさりん副長。』も、
     写真を撮るだけでも、あの人混みには、
     近寄りたくないって、言ってるし。

     それに、超~、暑くなってきたし。」

(ペン)「それじゃぁ、諦めるの?」

(ハム)「あぁ、仕方ないよ。

     それでね。

     『Wさん』が、

      『『御慈愛の御神像』は、『大国様』が、
       『兎』を見下ろして、『兎』が、
       『大国様』を見上げている姿に
       なっています。

       ですから、それぞれの、目線で、
       写真を撮られたら良いかと思います。

       『兎』に、なった気分。

       『大国様』に、なられた気分。

       そんな感じで、写真を撮ったら、
       面白いかと思います。』

     だって。」

(ペン)「へぇ~。

     それぞれの、目線かぁ。
     どんな感じなんだろうね。

     逆に、ちょっと、興味が湧いてきちゃった。」

(ハム)「じゃぁ、撮りに行く?」

(ペン)「げぇ~!

     だって、みんな、行かないんでしょ。
     だったら、嫌だよぉ。

     全く、意地悪なんだから。」

(ハム)「おっとぉ!

     『Wさん』が、

      『先を、急ぎましょうか。』

     って、言ってるよ。」

(ペン)「ありゃまぁ。
     どうしたのかなぁ?」

(ハム)「時刻が、もう、11時を、
     回っちゃったんだって。

     『旧大社駅』に、12時到着予定だけど、
     間に合うとは思うけど、用心に、
     越したことはないって。」

(ペン)「それってさぁ。
     残り時間が、少なくなって来たってこと?」

(ハム)「あぁ、どうやら、そうらしい。」

(ペン)「げぇ!

     大体さぁ。
     おデブ隊長が、悪いんだよぉ!

     『Wさん』に、質問ばっかりしているからさぁ。
     それで、時間が無くなっちゃったんだよぉ。

     おまけに、超~、暑いし!」

(ハム)「まぁまぁ、そう言うなよぉ。

     『一期一会』だろ。

     今回は、今回しか無いんだよ。
     だから、質問は、仕方ないよぉ。
     それに、ペンだって、学習できたろ?」

(ペン)「まぁ、そう言われれば、そうだけど。」

(ハム)「じゃぁ、元気出して、先に進もうぜ!」

(ペン)「分かったよぉ。
     みんなに、付いて行くよぉ。
     だから、急いでも、置いて行かないでね!」



(つづく・・・。)(^^;



皆様、今日も、好い一日をお過ごしくださいませ!(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

『因幡の白ハムペン?』(^^;

(出雲市・米子市 訪問:その34)


(※注:平成29年5月4日(木・祝)の記憶です。)


おはようございます!(^o^)/


【因幡の白ハムペン?】(^^;


(ペン)「・・・・・。
     ねぇ、ちょっとぉ。
     俺達、ここで、何しているのぉ?」

(ハム)「・・・・・。
     知らなぁ~い!
     『きゃさりん副長。』に、置いて行かれた。」 Img_5496
(ペン)「それって、捨て子ってこと?
     それとも、置いてきぼり?」

(ハム)「見離されたのかも。
     ペンがさ。
     あまりにも、学習意欲が無いとか。」

(ペン)「え゛え゛~!
     それは無いぜ!
     俺のせいにするのかよぉ。

     ずるいぞ、ハム!
     ハムが喋り過ぎて、煩かったんだよ、きっと!」

(ハム)「俺はだな!
     ペンが、色々と、聞いてくるから、
     説明をしてあげてただけじゃん!
     俺のせいにするなよぉ!」

(ペン)「なんだとぉ!」

(ハム)「なんだよぉ!」

(ペン)「あんれぇ?

     ちょっと待って!
     『きゃさりん副長。』達、戻って来た。」

(ハム)「ほんとだ!

     あ゛~、良かった。
     このままだと、大喧嘩になるところだった。
     おまけに、迷子にもなっちゃうとこだったよ。

     とりあえず、一安心だけど、ガイドさんが、
     何か、お話をしているよ。
     どうやら、どうして、俺達がここにいるのか、
     解かるみたい。」

(ペン)「そうなのぉ?
     じゃぁ、静かにしてよっと。」

(ハム)「今更、良い子ぶっても、遅いと思うけどさぁ。

     えっとね。
     『因幡の白兎』のお話、知ってる?」

(ペン)「うん。
     知ってるよ。」

(ハム)「そのお話が、関係しているみたい。
     どう言うお話だったか、覚えてる?」

(ペン)「えっとねぇ。

     兎が、鮫を騙してぇ、それで、
     皮を剝がされてぇ、大国様が、兎を助けてぇ、
     それで、目出度し! 目出度し!

     だよ。」

(ハム)「ん゛~。
     やっぱりね。

     ほんとはね。
     もっともっと、話の内容は、細かいんだ。

     兎が、毛皮を剥がされてしまったところから、
     先のお話だよ。
     ちょっと、長くなるけど、頑張って、聴いてよね。

     『大国主大神』が、若い頃は、
     『大穴牟遅神(おおなむじのかみ)』と
     いう名前で、呼ばれていたのは、話したよね。

     そして、意地悪な兄弟神達が、いたことも
     話したよね。」

(ペン)「あ゛~!
     それって、『八十神(やそがみ)』だろ!」

(ハム)「おっ!
     凄いじゃん!」

(ペン)「それくらい、覚えているさぁ。
     それで、話の続きは?」

(ハム)「うん。

     『八十神』達なんだけど、
     『因幡の国(鳥取県東部)』に住む、
     『八上比売(やかみひめ)』を、
     お嫁さんにしようと考えて、
     出掛けて行ったんだって。

     この時、『八十神』達は、『大穴牟遅神』に、
     みんなの荷物を持たせたんだって。
     それが、あの、肩に担いでいる、大きな白い袋。

     それでね。
     『大穴牟遅神』は、重たい荷物を持っていたから、
     どんどん遅れちゃって、『八十神』の、
     遥か後ろを、歩いていたんだって。

     先に進んでいた、『八十神』達だけど、
     『気多(けた)の岬(鳥取市『白兎海岸』)』で、
     毛皮を剥がされてしまった兎を、見付けるんだ。

     それで、どうしたと思う?」

(ペン)「あんれぇ~?
     何だったけなぁ。
     兎に、嘘を言ったことは、覚えてる。」

(ハム)「そうそう。

     『八十神』達は、意地悪じゃん!
     だから、兎に、
     『海に入って、身体を洗って、風に当たって
      乾かして、山で寝ていれば治る。』

     って、言ったんだよ。」

(ペン)「うひゃぁ~!

     俺達は、海水でも大丈夫だけど、
     肌が真っ赤になっちゃって、それはぁ、
     余計に酷くなる!
     意地悪だよなぁ。」

(ハム)「だろう。
     とっても、意地悪なんだよぉ。

     それで、兎は、泣き叫んでしまうんだけど、
     そこに、『大穴牟遅神』が、現れるって、
     寸法なのさ。」

(ペン)「うんうん。
     それで!」

(ハム)「『大穴牟遅神』は、兎に、訳を聞くんだ。
     兎は、正直に、自分が、悪さをしたことや、
     『八十神』達に言われたことを、話したんだ。

     すると、『大穴牟遅神』は、兎に、

     『今直ぐに、川の真水で、身体を洗いなさい。
      それから、水辺にある『ガマ(蒲)の穂』を
      敷いて、穂の花粉を身体につけて、
      暫く寝ていなさい。』

      って、言ったんだって。」

(ペン)「それから、どうなったの?」

(ハム)「暫くして、兎は、元の身体に、戻ることができて、
     すっかり、元気に、なったんだって。

     それでね。

     『あの『八十神』達は、『八上比売』とは、
      絶対に、結ばれることはありません。
      あなたこそが、『八上比売』を、
      娶ることができるでしょう。』

     と、予言したんだって。」

(ペン)「ん゛~?
     予言~?」

(ハム)「そうだよ。
     超~、有名な、『兎の予言』!

     それでね。
     『八十神』達は、『八上比売』に、結婚を、
     申し込み捲ってたんだって。

     だけど、断られ捲ってたんだって。

     そこへ、『大穴牟遅神』が、遅れて到着
     したんだって。

     すると、『八上比売』は、『大穴牟遅神』に、
     一目惚れして、『兎の予言』の通り、
     『大穴牟遅神』との結婚を、希望したんだって。

     そして、『大穴牟遅神』と『八上比売』は、
     目出度く、結ばれたんだって。

     これは、蛇足だけど、『大穴牟遅神』は、
     なんでも、かなりの、イケメンだった
     と言う話もあるよ。」

(ペン)「へぇ~!
     『兎の予言』かぁ。
     ラビットも、侮れないよなぁ。」

(ハム)「だろう!

     俺達、陸上の小動物だって、やる時は、
     結構、やるんだぜぇ!

     でもさぁ。
     それで、『八十神』達は、
     何もしなかったと思うぅ?」

(ペン)「え゛っ?

     待てよ!
     ひょっとして!
     もしかしたら!

     あの、『赤い猪』?」

(ハム)「お゛~!
     やるじゃん!
     ご名答!

     そうなんだよ。

     あの、『赤く焼けた大岩』で、『大穴牟遅神』を、
     殺しちゃうんだ。」

(ペン)「何てこったい!

     逆恨みも、いいところじゃん!
     意地悪を通り越して、もはや、犯罪神じゃん!
     酷過ぎるよ、全く!」

(ハム)「でもさぁ。

     『八十神』達も、神様だもん。
     それぞれに役割があるから、
     責められないんじゃないの?

     それにさ。
     『大穴牟遅神』は、蘇生できたでしょ。」

(ペン)「うん。
     えっとぉ、赤貝の神様と、蛤の神様だよね。」

(ハム)「それでね。

     『八十神』達は、どうしたと思う?
     そのまま、黙っていたと思う?」

(ペン)「え゛え゛~!
     まさか、また、やっちゃうのぉ?」

(ハム)「実はぁ、そうなんだよ。

     また、企んじゃうんだよ。

     今度は、『大穴牟遅神』を騙して、
     山に連れ込み、大木を切り倒して、
     楔を打って、開いてできた『うろ(洞)』に、
     『大穴牟遅神』を、入らせちゃうんだ。
     そこで、楔を抜いちゃうんだよ。」

(ペン)「なにぃ~!
     そんなことをしたら、挟まって、
     死んじゃうじゃん。」

(ハム)「そうなんだよ。
     その通りなんだよ。
     おまけに、射殺してしまうんだ。」

(ペン)「なんと言う!
     もはや、暴力団を通り越して、殺神集団じゃん!
     『共謀罪』は、適用されないのぉ?」

(ハム)「それは、現代の話!
     大昔は、そんな法律は無かったの。

     それでね。
     『大穴牟遅神』は、母神の、
     『刺国若比売命(さしくにわかひめ)』に、
     発見されて、助け出されて、また、
     生き返るんだ。」

(ペン)「ふんぎゃぁ!
     一体、どうなっているのぉ?」

(ハム)「結局のところ、『八十神』達は、
     『大穴牟遅神』に対して、意地悪を、
     し続けるんだけど、『大穴牟遅神』が、
     その試練を乗り越えちゃうんだ。

     そして、『八十神』達を、屈服させちゃうんだよ。

     だから、『八十神』達は、『大穴牟遅神』が、
     『大国主大神』になるために、必要な神様達
     だった、とも言われているんだって。」

(ペン)「でもさぁ。
     それって、結果オーライ、の話しじゃん。

     きっと、『大穴牟遅神』も、『刺国若比売命』も、
     相当、辛かったんじゃないのかなぁ。」

(ハム)「そうかもね。

     でもさぁ。
     兎を助けたり、意地悪をされた『八十神』達を、
     恨まなかったり、それが、良い結果を、
     もたらしたんだと言うことの様だよ。

     だから、生き返ることもできたし、多くの、
     良縁にも恵まれたしね。

     あ゛っ!
     そうそう。
     それで、ここの『兎の像』の話しだよぉ。」

(ペン)「げぇ!
     すっかり、忘れてたぁ。」

(ハム)「『因幡の白兎』が、『大穴牟遅神』と、
     『八上比売』の結婚を、予言した訳じゃん。

     つまり、そこには、『縁結び』が、
     あったってことだよね。

     それにちなんで、『出雲大社』の境内には、
     『兎像』が奉納されているんだって。
     参道にも、奉納されているんだって。

     特に、『高円宮典子妃』が、千家国造家の、
     『千家国麿』氏と、ご婚約、ご結婚された、
     2,014年には、
     『出雲大社育英奨学生の卒業記念』で、
     7体の、兎の像が建てられたんだって。

     それでね。
     『千家国麿・典子』ご夫妻も、
     『縁結び』と『結婚』の、感謝の気持ちの表れと
     して、雌雄の兎の像を、奉納したんだって!」

(ペン)「え゛え゛~!
     それがぁ、ここの像なのぉ!

     ヤバいじゃん!
     そんな所にいちゃってさ!
     早く、逃げ出そうよぉ!
     絶対に、罰が当たるよ!」

(ハム)「いやいや、流石に、そうじゃない。

     『千家国麿・典子』ご夫妻の、兎の像は、
     おデブ隊長の、右斜め前にあるんだよ。

     『ご本殿』に、一番近い場所で、
     『ご本殿』の方を、向いているんだよ。」 Img_5495
(ペン)「げぇ~!

     あの、アベックの大行列の、先頭のところの像?

     アベックばっかしの、物凄い、大行列じゃん!
     『素鵞社』と、行列が、変わらないじゃん!」

(ハム)「そうだね。
     なんでも、アベックで来て、
     『夫婦の兎の像』の前で、写真を撮ったり、
     お祈りをすると、結婚が叶い、夫婦円満で、
     一生、幸福に暮らせるとか、色々と、実際の、
     実現した話しがあるらしいよ。

     って言うか、『大国主大神』に、お願いして、
     更に、『兎の像』に、お願いをして、
     お願いし過ぎじゃないのかな、とも思うけどさぁ。

     でもまぁ、お願いしないより、お願いした方が
     良いものね。」

(ペン)「確かに、そうかもね。
     それで、『兎の像』の、お話は、解った!
     だけどぉ、何で、俺達は、ここにいるのぉ?」

(ハム)「あっ、そうか!

     んとね。
     結婚が叶うと、『夫婦の兎の像』を、
     奉納する夫婦が、とっても増えたんだって。

     だけど、流石に、『千家家』とは並べられない
     から、やや遠慮がちに、像を建てているんだって。

     それで、『きゃさりん副長。』が、
     ガイドさんに聞いたら、

     『その辺りは、大丈夫でしょう。』

     って、言われたんだって。

     それで、

     『ハムスターと、ペンギンと、兎なら、
      仲良くなれるでしょう。
      多くの仲間に恵まれるご縁に、
      巡り合うかも知れませんね。』

     とも、言われたんだって。

     それで、『きゃさりん副長。』は、俺達を、
     ここに置いたんだって!」

(ペン)「全くもう、なんだよぉ。
     結局、『きゃさりん副長。』の、
     単なる思い付きじゃん!」

(ハム)「まぁまぁ、そう言わないで。
     ひょっとしたら、彼女ができるかもよぉ。」

(ペン)「そっかぁ。
     それならば、ちょっとは、許せるかも!」



(つづく・・・。)(^^;



皆様、今日も、好い一日をお過ごしくださいませ!(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お茶・茶道 | しじみ | アウトドア | アニメ・コミック | ウッドバッジ実修所 | ウッドバッジ研修所 | オリジナルキャプ | カブ隊 | キャンプ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | スカウトハウス | スポーツ | トレーナー | ニュース | ハム & ペン | パソコン・インターネット | パワースポット | ビーバー隊 | ファッション・アクセサリ | プロジェクト | ベンチャー隊 | ペット | ペリカン便 | ボランティア | ボーイスカウト | ボーイスカウト清水町第1団 | ボーイスカウト講習会 | ボーイスカウト駿東地区 | ボーイ隊 | ローバー隊 | 中国地方 | 中央基地通信隊 | 九州 | 伯備線 | 伯耆富士 | 住まい・インテリア | 佛教 | 佛教章 | 信仰 | 写真撮影 | 出雲国造 | 出雲大社 | 出雲市 | 出雲市駅 | 北島国造館 | 十三湖 | 回想 | 因幡の白兎 | 団本部 | 国宝 | 国際 | 地震災害 | 境港市 | 大国主大神 | 大山 | 天満宮 | 奉仕 | 子供の遊び | 学問・資格 | 安来市 | 宍道湖 | 宗像大社 | 宗教章 | 定型訓練 | 富士山 | 富士章 | 審判員 | 審判委員 | 審判部 | 少年工科学校 | 少年術科学校 | 山陰本線 | 岡山駅 | 島根県 | 幼少期 | 幼稚園 | 広報 | 広報活動 | 御朱印 | 心と体 | 恋愛 | 技能章 | 携帯・デジカメ | 救急法 | 文化・芸術 | 文化財 | 新幹線 | 新聞記事 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 月山富田城 | 東京理科大学 | 東日本大震災 | 東部方面ヘリコプター隊 | 松江城 | 松江市 | 松江駅 | 柿田川 | 柿田川湧水 | | 梛の木 | 檜町警備隊本部 | 海上自衛隊生徒 | 清水中学校 | 清水小学校 | 清水町 | 湘南高校 | 災害派遣 | 熊谷基地 | 特急『やくも』 | 生い立ち | 神道 | 神道章 | 第四術科学校 | 米子市 | 米子空港 | 経済・政治・国際 | 美保基地 | 美容・コスメ | 育児 | 自衛隊 | 自衛隊生徒 | 航空学校 | 航空教育隊 | 航空生徒隊 | 航空自衛隊 | 航空自衛隊生徒 | 航空通信修理 | 芸能・アイドル | 表敬訪問 | 赤猪岩神社 | 趣味 | 足立美術館 | 身体障害者 | 車椅子 | 野球 | 銃剣道 | 防衛庁 | 陸上自衛隊 | 陸上自衛隊生徒 | 隼章 | 音楽 | 高校野球 | 高等工科学校 | 鳥取県 | 鳥取県南部町 | Facebook